5S
01.
アンダーワールドが語る未知なる挑戦とクリエイティブの源、世界最高のフジロック


晴らしい内容です、さすがRSJ。いくつかのバンドの名前が出てきます、もちろんそれらをチェックします。(11.06にしました~作曲とアレンジのヒント 058-067 アンダーワールド のお気に入りを聴く 日記「ボブの話になっちゃった sorry」

Ø (フェイズ)The Necks、ブラック・カントリー・ニュー・ロード、ガール・バンド、スヴェン・ヴァスのDJプレイ、Sons of Kemet、あとボブディランにスティーリー・ダン。驚いたのが70年代の日本製のELKのギターアンプを使ってるそうだ。

02.
Spotify、ビルボードジャパン・チャートにデータ提供開始

れで、チャートチェックはbillboardに集約されます。いいコラボ、ありがたい。12月12日付から。

03.
「好きなことだけを、わがままにやってきた50年なんです」細野晴臣インタビュー


敬すべき御方、インタビュー最高~

日本人であるということは、音楽をやっていく上でどんな影響がありましたか?

細野:大変だったことのほうが多いですよね。小学生の頃、FEN(Far East Network)を聴いてましたけど、なにしろ“Far East”、“極東”ですからね。もう、その頃から、アメリカの音楽がいかに巨大な存在で、追いつけない偉大なものなんだと思ってました。地図で見ると、ちっちゃな島国の片隅で音楽やってるんだな、って思い知らされるしね。~インタビュー本文より抜粋

04.
ビリーアイリッシュ、グリーンデイのビリージョーと対面「アドバイスは信じない」


作がゴキゲンなGreen Daynoビリーといまを時めくビリーの対談。

ビリー・ジョーがビリー・アイリッシュを好きな理由とは?

アームストロング:変に思うかもしれないけど、俺は自由を感じさせる音楽に惹かれるんだ。でもって俺は、君の音楽にまさにそれを感じるんだよ。新しいサウンドを使って自分をさらけ出している、そういう真摯さが感じられる。中にはジャズのように聴こえるものもある。褒め言葉になってるかな? ~インタビュー本文より抜粋

05.
タイラー・ザ・クリエイターとは
「創造」を止めない、どれだけ「Weird - ウィアード」と言われても

イラーは要注目アーチストの一人。曲リンクと共に彼のリアルな言葉を引用してまとめられたヒストリー。

ヒップホップメディアSUBLYRICSさんのたいへんありがたい記事です。時間がたっぷり使えるときにじっくり検証したい。


diary
34年前の今日、時間もちょうど今頃、南が丘の例の店のオープン前夜。記憶は定かではないけれど、数名の仲間たちが応援に来てくれて、最終準備をしていたような残像が...

その夜が晴れなのか雨なのか、寒かったのか、それほどでもなかったのか、すっかり忘れてしまったが、目を閉じて集中すれば。かすかに、その空間が浮かんでくる_ 

その時のその場所に存在した証は、今はわずか三つ。レコードたちと一個の栓抜き、そして父が使ってたシェーカー。









Sponsored Links