MIG2019.10

ラテンアメリカの民族的な伝統的音楽と、進化するelectronicとの混血具合を楽しみたい。シーン重要レーベル、SHIKA SHIKAからの曲が中心になった。

ラテンアメリカのエレクトロニック・フォルクローレ、デジタル・クンビア、スローハウスはドイツとの連携も特徴の一つのようだ。



606.

★☆☆Saudade - Remix 2018
Jin Yerei,*Barrio Lindo
Argentine/dance,electronic
*Argentine≯Berlin/producer,dance,electronic,down-tempo

ジャンベのようなサウンドが支配するミディアムナンバー、じわーッとビートのグルーヴに巻き込まれれる。

607.

La Luz 2019
Barrio Lindo,*Huaira
*Ecuador<フォルクローレ+electronic>

個性的なリズムトラックにケーナとEcuadorの4人「Huaira」のパフォーマンスがムード満点




608.

Luciernagas 2019
Barrio Lindo

スティール・ドラムとHipHopのリズム、エスニックな音階が融合、あたらしい音空間が生まれている。


609.

Himmel Himmel Blao 2019
Barrio Lindo,*Andi Otto
*Hamburg/dance,electronic

弦楽器チェロを改造した自作電子楽器”フェロ”を操る「Andi Otto」はアフリカルワンダの音を取り入れた作品「RWANDANCE<*Added album >」を同年2019にリリースしたのが、バリオ・リンド主宰のSHIKA SHIKAレーベル。やはりこのナンバーどこかアフリカを感じるのは正解だった。

610.

Mirando El Fuego 2018
EL Buho,*Joaquin Cornejo,**Minuk
BARRIO LINDO と共にSHIKA SHIKA を主宰
*Ecuador≯UK/DJ
**Information not found

フォルクローレの醍醐味の郷愁感をしっかりと引き入れたナンバー


611.

Esmeralda 2018
Joaquin Cornejo

浮遊感のあるシンセで緩やかにグルーヴ、心地いい


612.

Cumbia del Olvido 2015
Nicola Cruz
France≯Ecuador/dance,electronic

自身のスタイルを”Andes Step”と呼ぶ南米エレクトロニックを代表するアーチスト。パーカッシブギターからビートへ、想定は出来ても続々とする展開。



INTERVIEW:NICOLA CRUZ「意図して民族性を打ち出しているわけじゃない」

613.

Colibria 2015
Nicola Cruz

MIXの素晴らしさに驚いた、ニコラス・ジャーとの共演も納得の完成度。


614.


Danza de Vision 2017
Nicola Cruz

圧巻のアフロファンク仕様の押し寄せるグルーヴ、ケーナの感じがメンアットワークのダウンアンダーを思い出させる。何度も言うがこのような引用は大賛成。




615.

Sarita - Sonidos Profundos Remix 2016
Tribilin Sound,*Sonidos Profundos
Information not found

オルガンの刻みと、砂に指をさすようなサウンドが印象的。ループのこの上なき幸せ。


616.

Na Estrada 2016
Pigmaliao
Information not found

アコギが効いたミディアムナンバー、絶妙のbpm、体の芯がビートを感じる。




トップDJとのコラボグッズを多数販売しているブランド「ELECTRIC FAMILY」

Sponsored Links