New Music taoji

今週の聴くべき作品たち、才能豊かな作者たちに敬意を。

直近にリリースされたアーチスト渾身のシングルから

今の音楽の大きな流れ1小節単位の新しい試み、私がソングライティングに妙味ありとセレクトした光り輝く新曲たちの週刊プレイリスト「New Music Saturday Taoji」。
⊳Taoji‥私の終末にオープンするBarの場所

table

New Music Saturday Taoji」というSpotify Playlistを同時に公開していますが、翌週には上書きしますので今のうちにチェックしてくださいね。

曲ごとのコメントとデータ&コメントは↓↓↓へスクロールしてください

このプレイリストは最新のものが表示されまます。
聴き逃すなこの最新24曲!
週刊New Music Saturday Taoji 2020.08.01


1943.

LIPS 2020
SPENSR
日本/pop

イントロのピアノの繊細さと、そのあとの大胆なサウンドメイクだけでON。期待度は高い。*Added album


1944.

大人になるまで 2020
evening cinema
日本/rock,pop

トライセラの和田唱のポップな部分のイメージかな、2018の作品少し聴いたけれど、メロディメイカーとみた。*Added album 


1945.

blind 2020
ROLE MADEL
Information not found

ゾクゾクッてまでは行かないが、何かさらっと創ってそうな気がする。いい曲が生まれそうな予感。*Added All Single&EP

 
1946.

Runtime Error 2020
Kamui
日本/HipHop,trap/⊳インタビュー記事

粘りのあるビートトラック、全体のうねりがかっこいい。ラップのスタイルも変に「らしくなくて」クールだ。Like It


1947.

KEEP MOVING 2020
BRONSON,ODESZA,Golden Features
Australia,US/electronic,dance-trio

活動開始が2020年とホヤホヤ、なかなか刺激的なナンバーだ。*Added EP




1948.

Pink Lemonade - f.The Attire 2020
AmPm,*The Attire
日本/dance,electronic-unit
*NY/pop-Duo

これと言って新しい冒険はなく、シティ・ポップをしかkりと継承して、ていねいに小気味よくまとめられている。この当たり前な心地よさが聴き飽きない要素なのかもしれない。




1949.

WHAT YOU GONNA DO??? 2020
Bastille
London/guitar,pop,synth‐rock

ギターロックのおいしいイントロ、ズンズンくるベードラとベース。キャーッチーなサビも◎




1950.

copy light 2020
Tk from 凛として時雨
東京/Indie-rock

日本で二人といないであろうヴォーカルの特徴、けっこう耳につく時が多いが、この曲のようにハマると宇宙まで行ってしまう。1分27秒あたりからのドラムのフィルインがとってもくどいけれどいいね。Like It





1951.

0WE ARE CHAOS 2020
Marilyn Manson
Ohio/Alternative,industrial-metal,hard-rock

ジャケ写はおっかないのに、作品は爽やかで夕立の後の青空って感じ。メリハリが作品を際立たせるのは周知の事実。




1952.

skin 2020
LISACHRIS

日本/DJ,HipHop,rap
彼女には音楽がどのように聴こえているのか?と考えてしまうくらいにあたらしい世界を見た。ヴォーカルの位置とバックトラックのハマり具合がアンビエントだ。よくいわからないが聴いてしまう。*Added album 






1953.

Charlie Patton Highway (Turn it Up,Pt.1) 2020
Robert Plant
West Midlands-UK/SSW/rock

ミシシッピー・ブルースを思わせるダークなナンバー、ヴォーカル処理で若返ったような気がする。なぜかロバートがやると単調な曲でもカッコよくなる。




1954.

REMEMBER 2020
WINNER

サビが秀逸なバラード、こんな感じで歌われたら好感度高くなる。シンプルで新しさはないがいい曲、そしてストレートな歌詞。そしてひたむきなパフォーマンス。


韓国/K-POP


1955.following

★★☆accidentally told you - demo 2020
Tamzene
Cromarty-UK/SSW

感情の赴くままに歌い綴るという感じの作品&パフォーマンス。ピアノの音使いはトム・ウェイツも匂わせる。Like It、*Added all songs




1956.

★☆☆I Heard! 2020
Elliot Moss
NY/multi-i,SSW/electronic,Alternative-rock

アダルトな音創りがスティーリー・ダンを彷彿とさせる。ソングライティングに妙味あり、Like It。*Added album 




1957.

Proof 2020
Galcher Lustwerk
Ohio/dance,electronic

絶妙のbpmは128、とスネアのリズム、底辺のグルーヴも計算されている。お見事だ。全体に単調だけど気持ちよくてずっと聴いていられる、トランスパワーもある。数曲聴いたけれどアダルトだわ、さらりとHipHopのニュアンスを入れたり、かといてジャジーだし。Like It、*Added album 






1958.

uild Me Up Buttercup 2020
Kina Grannis
California/SSW,guitarist,YouTuber

喋るように歌う、理想の形です。声が魅力なのは一瞬でファンになる必殺兵器。




1959.

★☆☆顔ドン 2020
眉村ちあき
日本/idol-SSW

歌詞の面白さとアレンジはワールドレベル。サビはとにかくゴキゲン、ライブもきっと盛り上がるでしょう。Like It、*Added album アルバムに楽しいタイトルがずらーっと並んでる(笑)、「大丈夫」って凄くいいバラードもあって、こいつは本物だって思った。「顔ドン」があって、ぐっとくるバラードがある。すばらしい、Like Itだぜ。

このバラードはノッコを思わせる。エネルギッシュだ




1960.

Guaremate de por Vida 2020
EL Alfa
Dominica/recording-artist/Dembow,Latin-trap


ここにセリフを書く


アフロ-ビートに個性的なラップ、そしてこれまた個性的なフック。DembowにLatin-trapというサブジャンルで活躍する。*Added album 

1961.

Can You 2020
Park Hye Jin
韓国/K-house/dance,electronic

バックトラックはアンビエントが掛かったアップチューン、クールなヘジンのハスキー・ヴォイスがいい感じだ。




1962.

★☆☆New York Times 2020
Jhon Foxx & The Maths
London/electronic/元UltravoxのVo

ギターのリフ・アレンジ渋すぎ!electronicなトラックにギターをはめ込むのは気持ちいい、聴いていても演奏しても。*Added album 





英国ロック・グッズの祭典「THE BRITISH ROCK」

1963.

New Gods (Ron Basejam Remix) 2020
Catching Flies
London/electronic,trip-hop,down‐beat

揺れたPadに体を任せて、最高のタイミングで入るスネアとタンバリン、もちろんトーンも抑え気味の心地いい音具合。*Added album 




1964.

Alone Time 2020
Rufus Wainwright

ピアノとchoirをバックに歌い上げるルーファスは、私のいつの時代にも傍にいたアーチストだ。おちつくんだわ、とにかく。安定剤ミュージック。




1965.

Stop the Clock 2020
James Blunt
Wiltshire-UK/SSW/pop‐rock,folk

メロディの美しいサビが心に響く、NATO平和維持軍にいた経験もある彼の存在と音楽は頼もしさをも感じながら接している。




1966.

Monsters - Acoustic 2020
James Blunt

自身と父とのことを歌ったのでしょうか、想いがグッと伝わるいいバラードです。調べてみたらやはりそうでした、現在重度の慢性腎臓病で闘病中であり臓器移植のドナーが現れるのを待っている自身の父親のためにこの曲を書いたそうです。⊳和訳歌詞 





トップDJとのコラボグッズを多数販売しているブランド「ELECTRIC FAMILY」

Sponsored Links