MIG2019.10

Robin Thicke/ロビン・シック▲▶▼LAのSSW、女優兼シンガーの母と、俳優兼ソングライターの父を持つサラブレッド。ファレル・ウィリアムスの協力でブレイク、ソングライティングに妙味あり。アルバムで言えば特に2006年の「Evolution of Robin Thicke」は素晴らしい。

01./2184.

Would That Make U Love Me 2006
Robin Thicke

4つ打ちバスドラが曲の展開を期待させるも大きく展開せず、ジャジーな抑え気味のギターバッキングが徐々にグルーヴに引き込む、リズムが不思議と心地よくも体を揺らされる。マジックだ。


02./2185.

Ask Myself 2006
Robin Thicke

都会的なイメージのクールなナンバー、ギターバッキングはここもジャジーだ。


03./2186.

All Night Long 2006
Robin Thicke

ソングライティングにLil Wayneがクレジット。HipHopテイストながら随所にファレル・ウィリアムスの仕掛けが光る


04./2187.

Everything I Can't Have 2006
Robin Thicke

古きダンスホールをイメージしたのだろうか、ラテンフレーバーあふれる熱いナンバー。


05./2188.

Can U Believe 2006
Robin Thicke

心地よくて、さらーっと聞き逃してしまうが、すばらしくドラマチックなナンバー。ヴォーカルもすばらしい。


06./2189.

Cocaine 2006
Robin Thicke

ベースのグルーヴィーなフレーズにギターのDJがプレイしたかのようなリフ(実際サンプリングかもしれない)が終始印象的。


07./2190.

Look At Me 2006
Robin Thicke

シンプルなピアノによるスロー・バラード、7変化のヴォーカルスタイルを持つロビン・シックの地声ともいえる声が聴ける。


アナログを買おう!
Evolution of Robin Thicke [12 inch Analog] 
Robin Thicke

08./2191.

Hard On My Love 2008
Robin Thicke

ロックギターにブラスアレンジが特徴の疾走感あふれるナンバー


09./2192.

Love After War 2011
Robin Thicke

メロウソウルの極めつけのフックを流用。ジョージマイケルのようにも歌えるのがすごい。


10./2193.

★☆☆I'm'A Be Alright 2011
Robin Thicke

ロックフレイバーのギターリフに、これしかないだろうリズムアレンジ。グルーヴィンだ。


11./2194.

When I Get You Alone 2011
Robin Thicke

ベートーベンを大胆にサンプリング、飛び道具としてDJたちに重宝されるんでしょうか?後半はゴスペルの要素が入ってくる。


12./2195.

A Beautiful World 2011
Robin Thicke

メルヘンチックな歌いだし、トレモノピアノがアクセント。控えめだが効果抜群のピアノソロ。ヴォーカルが素晴らしい。


アナログはありませんでしたCDです
A Beautiful World 
Robin Thicke

13./2196.

Living In New York City 2014
Robin Thicke

JBを感じつつも、プリンスのスタイリッシュさ、ブルーノマーズの新しさをも合わせ持つナンバー。センス抜群はもちろんだが、きっとすばらしい研究者がチームにいる。


14./2197.

★★☆Blurred Line
Robin Thicke,*T.I.,**Pharrell Williams,*Cave Kings

これなんぞまさにマーヴィンゲイ、しっかりと消化吸収している、だれにもマネと呼ばせない完成度がある。最高にホットなナンバーだ。Like It マーヴィンがゲロッパ!って(笑)


15./2198.

Take It Easy On Me 2013
Robin Thicke

EDMがベースのアップナンバー、これなんか随所にMCハマーの得意技が飛びだす。


16./2199.

One Shot 2016
Robin Thicke *Juicy J
*Tennessee/rapper

dance-electronicミュージックがロックンロールに歩み寄ったスタイル。キメはすべてタイト。


17./2200.

That's What Love Can Do 2019
Robin Thicke

とろとろのナンバー、やはりマーヴィン・ゲイやダイアナ・ロスのナンバーたちを思い出す。空気感はしっかりと消化吸収そして継承している。







Sponsored Links