無題
Phoenix/フェニックス▲▶▼自由かつ緻密、そして見事なポップロックセンス
Versailles-France/Indie-rock,new-wave

01./ 2263.

Too Young 2000
Phoenix
リズムを強調したバッキングで展開するナンバー、無駄がない。

02./2264.

Everything Is Everything 2004
Phoenix
4年後の子のナンバーもリズムをバンド全体で強調する手法は冴えわたる。

03./2265.

★☆☆Love for Granted 2004
Phoenix
温かいサウンドの二本のアコギのアルペジオで展開する、美しいナンバー。ハーモニーもすばらしい。

04./2266.

Love for Granted - Acoustic Ver. 2004
Phoenix
このアコースティック・ミックスはさらに美しい。マンハッタン・トランスファー並みのハーモニー。

05./2267.

Alphabetical 2004
Phoenix
メロディの感じはエルトン・ジョンだな。アコギとエレキギターのアンサンブルが気持ちいい。

アナログを買おう!
Alphabetical [12 inch Analog]  Phoenix

06./2268.

Consolation Prizes 2006
Phoenix
バッキングのパターンは6年たっても同じ手法。ブレイクでいきなりアコギのアルペジオに行くなんていいアイデア。

07./2269.

One Time Too Many 2006
Phoenix
メロディの感じはビリー・ジョエル。ポップ感たっぷりなナンバー、楽器たちのフレーズは丁寧、打ち込みかもしれないけど。

08./2270.

Lasso 2009
Phoenix
全体的にギターのフレーズ&バッキングが印象的、この感じはここ数年そういえば何曲かあったような気がする。

09./2271.

S.O.S.in Bel Air 2013
Phoenix
想定外の展開にいくナンバー、Aメロのバッキングリズムがかっこいい。

10./2272.

Trying to Be Cool 2013
Phoenix
ソングライティングのパターンは実はほとんど同じ色なんだけど、リズム重視のアレンジが心地いのは確かだ。

11./2273.

★☆☆Ti Amo 2017
Phoenix
リズムが一段と感情的になってる、ヴァンパイア・ウィークエンドあたりの刺激を受けたかもしれない。サビの強烈なこと。


サウンドハウス
日本全国どこへでも、1,000円以上<税込>のご注文で「送料無料」

要チェック⊳⊳サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧はこちら


Sponsored Links