ZAPP

アメリカの国旗
トーク・ボックス+スタイリッシュファンク

1980年デヴューのオハイオ州出身のファンクバンド。洗練された曲調と共に、トーク・ボックス自在に操るロジャーのヴォーカルは斬新で、のちに多大な影響を残している。


🔹裏ワザ!覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り! 
🔹じゃらん⊳料理、温泉、おもてなしクチコミで選んだ人気宿ランキング
🔹スーツケースはレンタルする時代!【アールワイレンタル】



2024.01.現在/as of 2024.01.

01.

★☆☆
Doo Wa Ditty (Blow That Thing) 1982
ヴォコーダーを絡めたエレクトロ・ファンクの傑作と言われている。メロディがポップで親しみやすく◎

02.

★☆☆
Dance Floor 1982
ZAPPの音はこのナンバーで表現される。名刺代わりのようなミディアムファンク。

03.

★☆☆
I Want to Be Your Man 1987
セクシーなミディアムバラード。トーキングモジュレーターを使用したこの曲は印象的。90年代には2Pacの大ヒット曲「California Love」にもフーチャーされた。

04.

★☆☆
Been This Way Before - Rap 1987
ルーツ・ラップのニュアンス、スクラッチ、ヒットブラス<YES ロンリーハートは1983年>と時代の音を見ることができる。

05.

★☆☆
Papa's Got a Brand New Bag 1987
ファンク定番のアレンジだが、ブラスのリフ、ギターカット<プリンスのKISSは1986年>、エフェクトヴォイスがクールだ。




06.

★☆☆
Bedistgutarisut- A-Rown 1987
イントロのギターのニュアンス、ロバートパーマーの「Addicted To Love/1985」をイメージした。

07.

★☆☆
Ohh Babay Baby 1989
トークボックスを交えてドリーミーにSmokey Robinson & The Mirclesの名曲をカヴァー、チークの定番。

08.

★☆☆
So Ruff,So Tuff 1993
王道ミディアムファンク、タイトなドラムにハンドクラップ、弾けるギターカット。

09.

★☆☆
I Finally Found What I've Been Searching For 2002
ロジャーの死後にリリースされたバラード。極力音数を抑えたアレンジはクールでロマンチック。


10.

★☆☆
Make It Funky 2018
feat.Bootsy Collins
存在感バリバリのブーツィーのブリブリベースが、やはり目立つ。タイトなミディアムファンクナンバー。


11.

★☆☆
Bailando 2018
feat.Frankie J
ビリージーンのようなイントロのドラムから、洗練されたクールなミディアムファンクへと展開する。サビの掛け合いのフックはライブ向けには魅力的だ。コラボはメキシコ系アメリカ人のシンガーソングライター「フランキーJ」


12.

★☆☆
In These Streets 2006
Guest performance in Mr. Capone-E
分厚いボトムラインにカポネのラップにロジャーのトークボックスが絡んで展開していくミディアム・ファンク。



13.

★☆☆
Brand New Player 2019
ファンク・グルーヴのセッションナンバーとして威力を発揮しそうなミディアム・チューン。女性コーラスやブラスも◎ 後半はハーモニカソロ、サックスソロ、ギターソロとゴージャスなソロ回し。

14.

★☆☆
So Beautiful 2019
Guest performance in Mr. Capone-E
秀逸なサビがすべてと言えるミディアム・バラード。随所で伝家の宝刀トークボックスが冴えわたる。


🔹東京を表す新ドメイン「.tokyo」
🔹
サウンドハウスのアウトレット商品一覧
🔹業界No.1のインターネット楽器販売専門サイト石橋楽器店!


Sponsored Links