The Waterboys

スコットランドの国旗アイルランドの国旗
引用の妙+奥深い創作+ケルトの香り

英国エジンバラ出身のマイク・スコットとアイルランド人フィドラー、スティーヴ・ウィッカムが主要メンバー。ケルトのムード漂うナンバーと幅広い感性のロックナンバーと引用の豊富さが魅力。歌詞の評価も高く現代のボブ・ディランとまで言われている。



🔹【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り! 
🔹  サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧です

Fisherman's Blues 1989ツアーから1990年発表のアルバム『ROOM TO ROAM』までのバンドの物語を辿る、まさにザ・ウォーターボーイズの音楽的転換点を捉えた音楽的ドキュメンタリー、未発表音源多数のCD5枚+DVD1枚


2023.10.現在/as of 2023.10.


01.

★☆☆
A Girl Called Johnny 1983 - 2002 Remaster
ピアノとリズムマシンのようなドラムに、キャッチなヴォーカルと、サックスのフレーズが交互に展開する。 

02.

★☆☆
Don't Bang the Dream 1985 - 2004 Remaster
1分半の焦らしとも思える長いイントロから強烈なドラムがイン。その瞬間で★☆☆、シンセのアクセントバッキングにサックスも◎

03.

★☆☆
This Is the Sea 1985 - 2004 Remaster
分厚いアコギのストロークに乗せて展開するミディアム・ハイなナンバー。ところどころ入るシンセストリングスがセンス◎ 


04.

★★☆
We Will Not Be Lovers 1988 - 2006 Remaster 
バンドのグルーヴを引っ張るスティーヴ・ウィッカムのバイオリン・リフが印象的なドラマチック・ロックナンバー。ヴォーカルも熱がこもっていて素晴らしい。いい曲。

05.

★☆☆
Let Me Feel Holy Again 1988 - 2006 Remaster 
切ない感じのサックスのフレーズが曲の色を作ってる。中盤からヴォーカルが中心に来る。全編流れるサックスとティン・ホイッスルが肝だ。




06.

★☆☆
Down by the Sally Gardens 1990
アイルランドの伝統的な歌、郷愁に駆られる気持ちを、国こそ違うが思い出させるものがある。美しい曲。

07.

★☆☆
A Song for the Life 1990
優しく、切ないワルツ・バラード。


08.

★☆☆
Crown 2000
これはピンク・フロイドの「One of These Days」の展開だな、あれには誰もががっつり影響受けたでしょうから。



09.

★☆☆
Night Falls on London 2000
ツービートのようなグルーヴのトラック。ここから曲になっていくのだろう。0:48

10.

★☆☆
We Are Jonah 2000
圧のあるギターのイントロ、ヴォーカルラインはコード進行に合わせた感じでシンプルにポップ。



11.

★☆☆
Silent Fellowship 2003
ノーミュートなバスドラに「ダンシング・クイーン」をイメージするメロディラインが心地いいミディアムナンバー。




12.

★☆☆
Ain't No Words for the Things I'm Feeling 2003
ゆったりとしたパーカッシブなアコギのストローク、味わい深いヴォーカルは、誰かがよく言う「ここでタメまんねん」といったニュアンスで味わい深い。


13.

★☆☆
It's Gonna Rain 2007
エッジの効いたギターリフにグルーヴィンなドラム、ソフトになるところなくてもいいかも。いいビート。


14.

★☆☆
The Hosting of the Shee 2011
ドラマチックなイントロから、四つ打ちのビートに乗せて、アイリッシュのメロディをハードにしたようなナンバー。

15.

★☆☆
White Birds 2011
スネアのタメの気持ちいミディアム・ナンバー。


16.

★★☆
Where The Action Is 2014
圧のあるギターとオルガン、この匂いは名曲「Gimme Some Lovin' 」だ。最高にエキサイティングなロックナンバー。

17.

★☆☆
Out Of All This Blue 2014
どこかで聴いたことのあるメロディだ、ミディアムナンバーで心地よく仕上げている。

18.

★☆☆
In My Time On Earth 2014
ムーディーなメロディラインとヒートアップして情熱的なメロディラインがある壮大なバラード。


19.

★☆☆
My Wanderings in The Weary Land 2014
煽りのドラムにヴォーカルはレーディング・ヴォーカル。6:47のロングを一気にぶっちぎる感じ。ギターが徐々にグルーヴを強調してくる。後半はギターバトルに。


20.

★☆☆
Destinies Entwined 2015
ギターとのっけのシンセはダイアー・ストレイツをイメージした。特にライジングアップするシンセは◎、気持ちいいbpm126



21.

★☆☆
Still a Freak 2015
スティーヴ・ウィッカムのバイオリン・リフが効いたブギー・ナンバー。ギターソロが熱い。


22.

★☆☆
The Connemara Fox 2017
グルーヴィンなバックトラックのビートに乗せてリズミカルなヴォーカルが◎ ビートがカッコいい

23.

★☆☆
Rokudenashiko 2017
アメイジング・グレイスのイメージで歌い上げるバラード「ろくでなし子」奥方の芸名をそのままタイトルに。どことなく日本のトラディショナル・ソングのムードもある。





🔹東京を表す新ドメイン「.tokyo」
🔹
サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧です



Sponsored Links