Cornelius

🔹Cornelius コーネリアス MUSICを思いのまま、刺激もたっぷり

フリッパーズ・ギター1991年の解散後、約2年のブランクを経て、1994年より小山田 圭吾のソロユニットCorneliusとして活動。繊細かつ大胆な作風は刺激十分。スゥイート&ロマンチックからサイケ、ノイズまでコントロールできるのはお見事。


🔹【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り! 
🔹  ãŠã™ã™ã‚âŠ³ã‚µã‚¦ãƒ³ãƒ‰ãƒã‚¦ã‚¹ã®ã‚¢ã‚¦ãƒˆãƒ¬ãƒƒãƒˆç›®çŽ‰å•†å“ä¸€è¦§ã§ã™


2021.11現在/as of 2021.11

01.21.2367.

★☆☆
THANK YOU FOR THE MUSIC 1997
ハーモニカで曲がスタート、軽快なビートはブルーグラスのイメージ。

02.21.2368.

★☆☆
Bird Watching At Inner Forest 2001
鳥たちがループの中で鳴く。森の中の音を組み合わせたイメージだろうか? 

03.21.2369.

★☆☆
Brazil 2001
ボサノヴァのムードさえ近未来に持って行く。暖かいのか涼しげなのか見極めができない感性。SなのかMなのかといったところだ。鞭も飴もある。

04.21.2370.

★☆☆
Sensuous 2006
ドアりんの涼しい響きから、深い響きのアコギ2本が語り合う。グリッサンドの音もコントロールしている。1小節の無音パートも集中力を増してくれる。アウトロでのペグを回しての音の下がりは胸騒ぎを覚えた。

05.21.2371.

★☆☆
Gum 2006
テクノの要素を持ち込んだロックナンバー、キメのクオリティしっかりと見ます。疾走感を再確認させるフリージャズの感覚のパートも効果的。



06.21.2372.

★★☆
Sleep Warm 2006
クリック音とドローンから、癒しの音で幕開け、メリハリが◎ このムードを出すにはメロウ・ミュージックのすべてわかってないとできないものがある。刺激的な音もはさみつつメリハリでさらにメロウに。お見事、3分過ぎでレコードが終わるノイズに隣の部屋の風鈴の音が一分半、これもミュージックだ。いいね

07.21.2373.

★☆☆
あなたがいるから 2017
bpm65のスローテイク、音の持つ世界観、ギターの音はフレーズと共にしっかりと表現している。隅々まで気が通ってる見事な構成力。ヴォーカルも大切な基本要素をクリアすれば自然で十分だと思わせてくれる。翌2018のSpotify Studioでのライブテイクはギターが生々しくて◎↓


08.21.2374.

★☆☆
The Spell of a Vanishing Loveliness 2017
どこに落ち着くのだろう? そんな風に思いながらも心地よさに聴き流してしまう。無音の効果的な使い方も◎

09.21.2375.

★☆☆
Audio Architecture 2018
超スローな刻みから、いきなりドナルド・フェイゲンサウンド。じわーとbpm100までテンポアップしてクールな展開に。最初のリフがループされるイメージ、後半無音の遊びがあって再スタート。サンプリングのコラージュもハイセンス。


🔹東京を表す新ドメイン「.tokyo」
🔹
おすすめ⊳サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧です

Sponsored Links