Strand of Oaks

🔹Strand of Oaks ストランド・オブ・オークス 曲の光るツボは知っていますね

インディアナ出身、テキサス拠点のシンガーソングライターTimothy Showalterによるロック・プロジェクト。初期のころはピッチが危うい感もあったが、ムードメイクできる貴重なアーチストの一人だ。これからのソングライティングに期待大。


🔹【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り! 
🔹  ãŠã™ã™ã‚âŠ³ã‚µã‚¦ãƒ³ãƒ‰ãƒã‚¦ã‚¹ã®ã‚¢ã‚¦ãƒˆãƒ¬ãƒƒãƒˆç›®çŽ‰å•†å“ä¸€è¦§ã§ã™


2021.11現在/as of 2021.11

01.21.2485.

★★☆
New Paris 2009
Strand of Oaks
ギターのシンプルな刻みに優しいヴォーカルが徐々に表情を見せていく、7:42のロングなGrowing upナンバーだ。クライマックスは6分終わりあたりから。

02.21.2486.

★☆☆
Plymouth 2014
Strand of Oaks
ポリスの見つめていたいのイメージ。bpm103の心地よいミディアムナンバー。メロディもポップで自然に気持ち良くなる。

03.21.2487.

★☆☆
Hard Love 2017
Strand of Oaks
心拍のようなバスドラにギターとヴォーカルがまさに肉と血。不可解な感じで↗になるが、意図はわかる。

04.21.2488.

★☆☆
Everything 2017
Strand of Oaks
ジミヘンのムードでファズギターが曲を支配するミディアム・ナンバー。サイケにハードに◎

05.21.2489.

★☆☆
Cry 2017
Strand of Oaks
あえてセピア色を表現しているのか、ピアノのトーンが中途半端だが、ピアノとヴォーカルで始まるいいムードのバラード。アウトロの雑踏は意味不明(笑)2018年の
アコースティック・ヴァージンもあるがこちらもやはりややセピア調。↓




06.21.2490.

★☆☆
Rest of it 2017
Strand of Oaks
ギターリフのかっこいいノリノリのキラー・チューン。

07.21.2491.

★☆☆
Wanna Get Lost 2018
Strand of Oaks
シンセのイントロ、ギターはUK、オアシスあたりのイメージの19:02のグルーヴィンなロングナンバー。この感じの熱の入れようで、リスナーの頭を徐々に洗脳する。中盤に呪文のようなヴォーカルが入って一旦ブレイクダウン。アルバムにはこのような実験的作品も必要だ、粒がそろいすぎると退屈する。このロングを聴いた後なら、おそらく次の曲↓は究極に感じるはず。

08.21.2492.

★★☆
Forever Chords 2019
Strand of Oaks
ムーディなアレンジ、サウンドとイーグルスをイメージした。ギターの一音の存在感も◎エレピのフレーズも味わい抜群。この路線で行けばいいんじゃないかティモシー。

09.21.2493.

★★☆
Jimi & Stan 2021
Strand of Oaks
秀逸なサビで始まるアメリカーナ・ナンバー、もう何を置いても車で走りたくなるナンバーだ。Like It !


🔹東京を表す新ドメイン「.tokyo」
🔹
おすすめ⊳サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧です

Sponsored Links