Low Cut Connie

アメリカの国旗
エルトン+ジョンレノン? 見事なソングライティング<2曲追加>

アメリカのフィラデルフィアを拠点とするアメリカのロックンロールバンド。フロントマン、ピアニスト、ソングライターのアダム・ウェイナーが中心。



🔹 日本の民泊予約なら、STAY JAPAN
🔹 サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧です
🔹【楽器の出張買取専門店】楽器の買取屋さんは、買取金額20%アップ中
🔹 新規契約者募集【STELLA MUSIC】


2024.01.現在/as of 2024.01.

01.

★☆☆
The Get & The Cream 2011
これなんかジョンの「ロックンロール」に収録されている曲の数々のムードがある。最高にハッピーになれる。

02.

★☆☆
Rio 2011
パワーコードが刻まれる8ビートのロックナンバー。サビでエルトンの節回しが出てくる


03.

★☆☆
Boozophilia 2012
ボトムの強力なビートにハッピーなクラップアクセント。バラク・オバマ元大統領もお好みのパーティーチューンだ。


04.

★☆☆
Death and Destruction 2017
エルトンがファンなのが分かるナンバー、エルトンの作品よりもザラツキがあるというか生々しいというか、またジョンのムードもある。


05.

★☆☆
Look What They Did 2020
ピアノによるバラードBメロから入るという手法。ヴォーカルラインと並走するピアノが味わい深い。




06.

★☆☆
Private Lives 2020
ポップなコード進行にタイトなビート、ヴォーカルはシンプルにロックしている。

07.

★☆☆
Help Me 2020
6拍目にアクセントのスネアポジションが印象的。ギターのシンプルさ、引っ張るヴォーカルは表情豊か。

08.

★☆☆
Now You Know 2020
ミディアムテンポのナンバー、Bメロでギターが絡んでサビへ、印象的なコード進行で◎、なにげに女性コーラスのパートがグルーヴを生んでいる。後半ギターソロヘのブリッジはドラマチックだ

09.

★☆☆
If I Die 2020
ギターリフで始めり最高のリズムが始まる。ブギー調のミドルグルーヴナンバー。カッコいい

10.

★☆☆
Quiet Time 2020
ストリングス₊ピアノで展開する哀愁のバラードはヴォーカルが情熱的

アナログを買おう!


11.

★★☆
Christmas Makes ME Cry 2020
優しいメロディラインのバラードはクリスマスソングだが、アダム・ウェイナーの書下ろし。ファミリーで集う夜にはこんなイメージがいい。素朴でパーソナルで、あたたかくて切ない。いい曲

12.

★☆☆
SLEAZE ME ON 2023
エレピ&ギターでのイントロはストーンズのようで、×1では出さないサビ後の女性コーラスとのサビ+がグッとくる

13.

★★☆
ARE YOU GONNA RUN? 2023
浜省をつい思い出して胸が熱くなった、何か声も似てる。メロディラインの美しさとギター、ピアノとドンピシャ。これで痺れ曲の仲間入り

14.

★☆☆
TAKE ME TO THE PLACE 2023
J-POPのようなムードの軽快なリズムのミディアム。強引な持って行き方のサビは華やかで、そのあとのAが際立つ。Aが魅力的。ベースラインがボウイ風でもあるのにも気が付いた。


 
🔹日本の民泊予約なら、STAY JAPAN 
🔹
サウンドハウスのアウトレット商品一覧
🔹業界No.1のインターネット楽器販売専門サイト石橋楽器店!
🔹新規契約者募集【STELLA MUSIC】 


Sponsored Links