Ranking

🔷Sun 13’s<Liverpool >Top 50 Albums of 2021 №01-25

 
🔹【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り! 
🔹  ãŠã™ã™ã‚âŠ³ã‚µã‚¦ãƒ³ãƒ‰ãƒã‚¦ã‚¹ã®ã‚¢ã‚¦ãƒˆãƒ¬ãƒƒãƒˆç›®çŽ‰å•†å“ä¸€è¦§ã§ã™


↑のプレイリスト№.0278~0291までがこのページの曲です


01.

Springtime: Springtime

01.22.0278.

★★★
The Viaduct Love Suicide 2021
Springtime
Gareth Liddiard  ï¼ˆThe Drones、Tropical Fuck Storm)、Jim White  ï¼ˆDirty Three、Xylouris White)、Chris Abrahams(The Necks、Laughing Clowns)がチームを組んだオーストラリアの新しいプロジェクト「スプリングタイム」美しく繊細なコードの流れとムードはピンクフロイドを思わせる。このムードを出されるとほかの作品への効果、相乗効果、引き立て。そんなふうになってしまうのは仕方ない。ギターの音を外そうが(狙いかもしれないが)お見事!*Added All Songs


02.

FACS: Present Tense

No song selection 
シカゴ出身のインディーロック・ノイズ・ロックバンド「FACS」


03.

Low: HEY WHAT

02.22.0279.

★☆☆
Don't Walk Away 2021
Low<following>
ずいぶん前から彼らのサウンドは群を抜いていた。感情をゆさぶる、衝撃的ともいえるサウンドにクリアなヴォーカル。音の住み分けが究極に行き届いている。この作品はメロウなバラードだが彼らなりの解釈でスピリチュアルに展開している。リバースディレイを使ってるような低音の演出も耳に刺激として残る。二人で歌うヴォーカルはピーターガブリエルのバラードの様な穏やかさ、優しさが◎


04.

BIG BRAVE: Vital

03.22.0280.

★☆☆
Half Breed 2021
Big Brave
カナダ拠点のエクスペリメンタル・ロックバンド「Big Brave」複数のドローンサウンドの導入部は1分半とけっこう長く、強烈なアクセントと共にヴォーカルが入って驚く。バンドは極力出し惜しみ、それは噴火前の火山のように。2コーラス目はビョークのようなメロディラインで祈りを捧げているかのようだ。


05.
Not on Spotify
Aging ~ Land Trance: Embassy Nocturnes

私も使ってます、Spotifyと相性ばっちり、音の解像度、輪郭がはっきりとなります、感動的。

06.

The Armed: ULTRAPOP

04.22.0281.

★☆☆
ALL FUTURWES 2021
The Armed
デトロイトで結成されたアメリカの匿名のハードコアパンク集団「ジ・アームド」バンドのラインインナップは「常に変化している」というあたりが「集団」という所以か。強烈なパワー、とにかく圧倒される。


07.

Nick Cave & Warren Ellis: Carnage

05.22.0282.

★☆☆
Albuquerque 2021
Nick Caveand Warren Ellis
ストリングスとピアノによる美しいイントロにニックのヴォーカルがムードを作り上げる。ニックと盟友ウォーレンによる芸術的音世界。


08.

The Bug: Fire

06.22.0283.

★☆☆
Ganja Baby 2021
The Bug×Daddy Freddy
ケヴィン・マーティンが、メイン・プロジェクトであるザ・バグ名義の最新作。ジャンルを選ばず創作は縦横無尽。高速スネアの導入、本編はダンスホールレゲエの展開だがシンセの音がテクノしてる。


09.

Grouper: Shade

07.22.0284.

★☆☆
Pale Interior 2021
Grouper
太いサウンドのアコギのアルペジオに合わせてウィスパー・ヴォイスのヴォーカルが、あたかも近くで彼女がうたっているように聞こえる。2005年から活動開始のアメリカのミュージシャン「Liz Harris」のソロプロジェクト「グルーパ」


10.


Matt Christensen: Blue Smoking Room 

No song selection 
シカゴ拠点のミュージシャン「マット・クリステンセン」

私も使ってます、Spotifyと相性ばっちり、ほんといい音。

11.

Chris Corsano & Bill Orcutt: Made out of Sound

No song selection 
米国ニューイングランド出身のドラマー「クリス・コルサーノ」とマイアミのギタリスト、ソングライターの「ビル・オーカット」の即興ライブ。


12.

Lingua Ignota: SINNER GET READY

08.22.0285.

★☆☆
PENNSYLVANIA FURNACE 2021
Lingua Ignota
カリフォルニアのクラシックの訓練を受けたマルチ楽器奏者「リングア・イグノタ」響きの深いピアノをバックに祈りのように歌うバラードは、張り詰めた冷たい空気を思わせる。

09.22.0286.

★★★
THE SOLITARY BRETHREN OF EPHRATA
Lingua Ignota
讃美歌の様なメロディは優しく、音の響きもピアノとストリングスがウォールサウンドとなっている。とにかく美しすぎて泣けてくる。


13.

The Besnard Lakes: …Are the Last of the Great Thunderstorm Earnings

10.22.0287.

★☆☆
Feude With Gunsa 2021
The Besnard Lakes
2003年にジェイス・ラセックとオルガ・ゴレアスの夫婦チームによって結成されたカナダのインディーロックバンド「ベスナード・レイクス」。シューゲイザーともドリームポップともいわれるようだ。人の声のようなシンセにbpm92のシンプルなドラム、ヴォーカルはドリーミーでハイトーン。アウトロ近くではストリングスが◎

11.22.0288.

★☆☆
Last of the Great Thunderstorm Warnings 2021
The Besnard Lakes
17:53というクレジットで恐れをなしたが1:30あたりからドラムイン、フレーミング・リップスのようでもありポップな展開がこの後オーケストラアレンジで展開する。メインのコードは2つ。6分50あたりで第一幕終了、第二幕はドローンサウンド、展開なしにそのまま終了。


14.

Fly Pan Am: Frontera

No song selection 
1996年にモントリオールで結成された実験的なロックバンド「Fly Pan Am」


15.

Sleaford Mods: Spare Ribs

12.22.0289.

★☆☆
Shortcummings 2021
Sleaford Mods
UKでカルト的人気を誇る中年パンク・デュオ「スリーフォード・モッズ」ゴリゴリのベースで引っ張るナンバー、パンキッシュなヴォーカルがクール。



16.

Six Organs Of Admittance: The Veiled Sea

No song selection 
アメリカのギタリスト、ベン・シャスニーの主要な音楽プロジェクト「Six Organs of Admittance」


17.

Emma Ruth Rundle: Engine of Hell

No song selection 
オレゴン州ポートランドを拠点とするアメリカのシンガーソングライター、ギタリスト「エマ・ルース・ランドル」


18.

Slant: 1집

No song selection 
韓国のハードコアパンクバンド「SLANT」


19.

The Reds, Pinks and Purples: Uncommon Weather

No song selection 
The Skygreen Leopards、The Ivytreeなど数々の名義を持つカリフォルニアのGlenn Donaldsonによるニュープロジェクト「The Reds, Pinks And Purples」


20.

New Bums: Last Time I Saw Grace

No song selection 
フリーフォークの Donovan Quinn と Ben Chasny によるデュオ「New Bums」



21.

Kowloon Walled City: Piecework

No song selection 
カリフォルニア州オークランド拠点のオルタナティヴロックバンド 「Kowloon Walled City」



22.

Moin: Moot!

13.22.0290.

★☆☆
Crappy Dreams Count 2021
Moin
激歪みのギターがループし、強烈なドラムが対抗する、レーディングスタイルのヴォーカル。刺激抜群。

14.22.0291.

★☆☆
Right is Alright,Wrong is to Belong 2021
Moin
Blackest Ever BlackのTom HalsteadとJoe Andrewsと長年のコラボレーターだったVanishing TwinのドラマーValentina Magaletti によるエクスペリメンタルロックプロジェクト「MOIN」スリリングなドラムとベースで始まり、エレピ中心の4小節頭のアクセントが熱い。*Added album 


23.

Odd Beholder: Sunny Bay  

No song selection 
スイス拠点のポップミュージックのデュオ「Odd Beholder」


24.

Richard Dawson & Circle: Henki

No song selection 
UKフォークの重要人物「Richard Dawson」がフィンランドのメタルバンド Circleと共作

25.
Not on Spotify 
Charlie Butler: Darmok


🔹東京を表す新ドメイン「.tokyo」
🔹
おすすめ⊳サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧です

Sponsored Links