Ranking

🔷音楽誌MOJO<UK>2021年の年間ベスト・アルバム TOP75 №26-50



🔹【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り! 
🔹  ãŠã™ã™ã‚âŠ³ã‚µã‚¦ãƒ³ãƒ‰ãƒã‚¦ã‚¹ã®ã‚¢ã‚¦ãƒˆãƒ¬ãƒƒãƒˆç›®çŽ‰å•†å“ä¸€è¦§ã§ã™


↑のプレイリスト№.0343~0362までがこのページの曲です


26.

Mogwai - As The Love Continues

No song selection 
スコットランド・グラスゴー出身のポストロック・バンド


27.

Lindsey Buckingham - Lindsey Buckingham

01.22.0343.

★☆☆
Time 2021
Lindsey Buckingham
イーグルスの初期のナンバーのようなイメージ、アルバムを通して思ったがフリートウッド・マックのバンド色はやはりリンジーが担う部分が大きかった。このナンバーは彼の優しさがストレートに出たミディアムナンバー。マックに復帰したんだっけ?


28.

Little Simz - Sometimes I Might Be Introvert

02.22.0344.

★☆☆
Woman 2021
Little Simz
洗練されたバックトラックに、淡々としたラップが心地いい。メロディを歌う女性もしなやかないいヴォーカル。

03.22.0345.

★☆☆
Speed 2021
Little Simz
アタックの強いビートに乗るラップはリズミカルかつテンションややアップ。リズムを乗り切るニュアンスがクールで◎

04.22.0346.

★☆☆
Protect My Energy 2021
Little Simz
ファンク調のベースにクラウドなパッドが浮き上がる。ヴォーカルはメロデイラップのニュアンスでフックを。リズミカルでついつい体がつられて動いてしまう。

05.22.0347.

★★☆
Fear No Man 2021
Little Simz
このアフロ・ビートも強烈なインパクトでループされる。コーラスのフックも◎、ここに乗るラップは力強いネイティヴなイメージだ。


29.

Field Music - Flat White Moon

06.22.0348.

★☆☆
Do Me A Favour 2021
Field Music
8ビートのドラムにアコギのリフが印象的なナンバー、ヴォーカルのニュアンスはプリンスとデヴィッド・ボウイが混在してるイメージ。小気味いいい素敵な曲だ。


30.

Yola - Stand for Myself

07.22.0349.

★☆☆
Whatever You Want 2021
Yola<following>
UKブリストルのシンガーソングライター「ヨラ」ストーンズの初期のイメージもあったりと、けっこう今では懐かしさを覚える音作り。ティナ・ターナー、そしてニナ・シモンの顔ものぞかせる。



31.

King Gizzard and the Lizard Wizard - L.W.

No song selection 
オーストラリア出身のサイケデリック・ロックバンド「キング・ギザード&ザ・リザード・ウィザード」


32.

Paul McCartney - McCartney III

No song selection 


33.

Endless Boogie - Admonitions

The Offender 2021
Endless Boogie


34.

Greentea Peng - MAN MADE

08.22.0350.

★☆☆
Free My People 2021
Greentea Peng Ã—SIMMY×Kid Cruise
サウスロンドンのネオソウルで自称「サイケデリックな R'n'B」のシンガーソングライター「グリーンティ・ペン」m」南アフリカのミュージシャン「SIMMY」そしてKid Cruiseとのコラボ作。フルートシンセと歌うベースが引っ張るビートナンバー、bpm108。タイトで煽り気味のビートが心地いい。フルートはループだわ。


35.

The Stranglers - Dark Matters

No song selection 
1974年結成のイングランド出身のロックバンド。 



36.

Wolf Alice - Blue Weekend

09.22.0351.

★☆☆
How Can I Make Ut OK? 2021
Wolf Alice
ロンドンのオルタナティブ・ロック・バンド。サビのメロディラインが美しい、このバンドの特徴的な音の配列。


37.

Sturgill Simpson - Cuttin' Grass - Vol. 2 (Cowboy Arms Sessions)

この次のアルバム「The Ballad of Dood & Juanita」で第64回グラミー賞 Best Country Album候補


38.

Saint Etienne - I've Been Trying To Tell You

No song selection
1990年結成のロンドン出身の音楽グループ「セイント・エティエンヌ」


39.

Jane Weaver - Flock

10.22.0352.

★☆☆
The Revolution Of Super Vosions 2021
Jane Weaver
テクノフレーバーがちらほらするアレンジ、タイトなリズムに表情豊かなヴォーカルが◎

11.22.0353.

★☆☆
Pyramid Schemes 2021
Jane Weaver
まず第一にギターのカットがカッコいい。やはりテクノのおかずがある。ヴォーカルはクイールに決めて、聴き手にグルーヴを感じさせる。


40.

Chrissie Hynde - Standing in the Doorway: Chrissie Hynde Sings Dylan



41.

Nala Sinephro - Space 1.8

No song selection
UKジャズ・シーン期待の新鋭、カリブ系ベルギー人、ハープとモジュラー・シンセ奏者 ãƒŠãƒ©ãƒ»ã‚·ãƒãƒ•ãƒ­


42.

Durand Jones & The Indications - Private Space

No song selection 
アメリカのコンテンポラリーR&Bおよびソウルグループ「ドゥラン・ジョーンズ & ジ・インディケーションズ」


43.

Damon Albarn - The Nearer the Fountain, More Pure the Stream Flows

12.22.0354.

★☆☆
Particles 2021
Damon Albarn
デーモンの新作はすっかりレディオヘッド・ナイズされたように思えた。中でもこのアルバムのラストを締めくくるこのバラードはじわーっと湧き上がるような感動を覚える。すっかり熟成したデーモンの今後はとても楽しみだ。


44.

Arab Strap - As Days Get Dark

13.22.0355.

★☆☆
Here Comes Comus! 2021
Arab Strap
スコットランドのインディーロックバンド「アラブストラップ」bpm120のナンバー、地味ながら大きなうねりのあるナンバー、知らず知らずの間に体が揺らされている

14.22.0356.

★☆☆
I Was Once a Weak Man 2021
Arab Strap
ストリングスの刻みとトラップベースの様なニュアンスの深いボトムのbpm102のナンバー、リーディングスタイルのヴォーカルが◎ソングライティングに妙味あり。*Added album 


45.

Jungle - Loving In Stereo

15.22.0357.

★★☆
Truth 2021
Jungle
キマッテルコードリフ、メロディライン、疾走感どれもが超カッコいい。リバーブショックの音も効果的。プロデューサーのJoshLloyd-WatsonとTomMcFarlandによって2013年に設立されたイギリスの電子音楽プロジェクト。*Added All Songs



46.

Faye Webster - I Know I'm Funny haha

16.22.0358.

★☆☆
In A Good Way 2021
Faye Webster
アコギとデュエットしてるかのようなミディアムバラード、キュートなヴォーカル魅力炸裂。エレピとアコギのソロも◎、アトランタを拠点とするアメリカのインディーフォーク・シンガーソングライター「フェイ・ウェブスター」

17.22.0359.

★☆☆
A Stranger 2021
Faye Webster
Bメロでリーディングをする展開、実に効果的、ドキッとする。


47.

Tyler, the Creator - CALL ME IF YOU GET LOST

18.22.0360.

★☆☆
MANIFESTO 2021
Tyler, The Creator×Domo Genesis
パンキッシュなラップと感じた、洗練された斬新なアレンジが◎


48.

Squid - Bright Green Field49. Public Service Broadcasting - Bright Magic

19.22.0361.

★☆☆
Pamphlets 2021
Squid
イギリスのポストパンクバンド「スクイッド」ギターリフに沿うドラムでスタート、疾走感あふれるビートで展開する8:03のロングナンバー。パンキッシュなヴォーカルにバンドサウンドはゴキゲンだ。


49.

Public Service Broadcasting - Bright Magic

No song selection 
ロンドンを拠点とする音楽グループ「パブリック・サーヴィス・ブロードキャスティング」


50.

Bonnie 'Prince' Billy & Matt Sweeney - Superwolves

20.22.0362.

★☆☆
There Must Be a Someone 2021
Matt Sweeney & Bonnie ‘Prince’ Billy
Matt Sweeneyは、スカンク、チャベス、ズワンのギタリストとして知られているアメリカのミュージシャン兼レコードプロデューサーと本名であるウィル・オールダムのほか、パレス、パレス・ミュージック、パレス・ブラザーズ、など多くの名義で活躍するシンガーソングライター「ボニー“プリンス”ビリー」のデュオ作品。ソリッドギターのアルペジオが心地いいサウンド、ハーモニーあるカントリーバラード。癒しの2:41


🔹東京を表す新ドメイン「.tokyo」
🔹
おすすめ⊳サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧です
 

Sponsored Links