New Music Saturday Taoji

🔷ファルコ 、デヴィッド・ボウイEP、milet

今の音楽の大きな流れ、1小節単位の新しい試み、私がソングライティングに妙味ありとセレクトした直近にリリースされた曲による週刊プレイリスト「New Music Saturday Taoji」
⊳Taoji‥終末にオープンする私のBarの場所 ⊳Spotify Playlist「New Music Saturday Taoji」は翌週には上書きします

このプレイリストは最新のものが表示されまます。


🔹【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り! 
🔹  ãŠã™ã™ã‚âŠ³ã‚µã‚¦ãƒ³ãƒ‰ãƒã‚¦ã‚¹ã®ã‚¢ã‚¦ãƒˆãƒ¬ãƒƒãƒˆç›®çŽ‰å•†å“ä¸€è¦§ã§ã™

01.22.0643.

★☆☆
MY HOOD 2022
Shurkn Pap
兵庫県姫路市のラッパー「シュリケンパップ」バックトラックがクール、ヴォーカルラインも合いの手もセンス抜群。*Added album 

02.22.0644.

★☆☆
Telling Lies - Adam F Mix1997,2022Remaster
David Bowie×Adam F
タイトだが重さも感じるビートにクールなボウイのヴォーカル、時折入るベースのフィルインは頭に残る。ノリが気持ちいい。リバプールのDJ「Adam F」のリミックス。

03.22.0645.

★☆☆
Remedy 2022
Breakbot×Irfane
フランスのDJ「ブレイクボット」とDJ「Irfane」のコラボ、80’sのUKロックにマイケルの匂いもかすかに感じるbpm106の気持ちいいナンバー。

04.22.0646.

★☆☆
Shinigami Eyes 2022
Grimes
カナダの女性ソロミュージシャン「グライムス」声が人間離れしてエレクトリックな楽器になって、タイトなリズムに、EDMなアプローチに冴えわたる。

05.22.0647.

★☆☆
The Smoke 2022
The Smile
レディオヘッドの「トム・ヨーク」と「ジョニー・グリーンウッド」そしてサンズ・オブ・ケメットのドラマー「トム・スキナー」によって結成されたイギリスのロックバンド。メロディックなベースのフレーズの展開で始まる、ヴォーカルはいつものトム。ブラスのニュアンスがサンズ・オブ・ケメット。



06.22.0648.
今週の新曲偉大な18曲 新曲プレイリスト ニューリリース おすすめ新曲 おすすめ おすすめ曲
★☆☆
Tomorrow 2022
John Legend×NAS×Florian Picasso
オハイオ出身のR&B、ソウルシンガーソングライター「ジョン・レジェンド」に、ニューヨークのラッパー「ナズ」そしてカンヌを拠点とするベトナム生まれのフランス人DJ「フロリアン・ピカソ」。メロウなだけじゃなく、スリリングなムードを醸し出すメロディと音空間、NASのラップと交互に来るジョンの歌パートの美しさ◎

07.22.0649.

★☆☆
emo girl 2022
Machine Gun Kelly×WILLOW
オハイオ州クリーブランド出身のラッパー、歌手、俳優「マシン・ガン・ケリー ã€ã¨ã‚·ãƒ³ã‚¬ãƒ¼ã‚½ãƒ³ã‚°ãƒ©ã‚¤ã‚¿ãƒ¼ã€Œã‚¦ã‚£ãƒ­ãƒ¼ã€ã®ã‚³ãƒ©ãƒœã€‚ロックの過熱感のきっかけの一つとして彼の存在も忘れてはならない。パワーと疾走感、サラブレッド「ウィロー」も貫禄十分。

08.22.0650.

★☆☆
she's all i wanna be 2022
Tate McRae
カナダのシンガー、ソングライター「テイト・マクレー」↑の二人のロック・スピリッツに引けを取らない光るものを持っている。ヴォーカルラインのセンスも感じられる。ソングライティングに妙味あり。*Added album 

09.22.0651.

★★☆
Stay Soft 2022
Mitski
ニューヨークを拠点に活動する日系シンガー・ソングライター「ミツキ」キャッチーなベースのバックトラックに展開するアレンジ、メロディはとても独創的、引退せず、よかった!

10.22.0652.

★☆☆
Softly 2022
Arlo Parks
サウス・ロンドン出身20歳のシンガーソングライター「アーロ・パークス」畳みかけるようなサビの秀逸さが目立つbpm109のナンバー。

私も使ってます、Spotifyと相性ばっちり、音の解像度、輪郭がはっきりとなる、感動的。

11.22.0653.

★★☆
Broken 2022
Alfie Templeman
イギリスのシンガーソングライター「アルフィー・テンプルマン」ダンサブルなbpm102のファンクロック。流れるように美しいサビだ。ソングライティングに妙味あり。アレンジのキメもグレイトだ

12.22.0654.

★☆☆
BAND$ 2022
Arizona Zervas
アメリカのラッパー、シンガーソングライター「アリゾナ・ザーヴァス」ラップにメロディラップ,
サビのシングもしっかりと使いこなす。マックミラーのメロウさとトゥエンティ・ワン・パイロッツのロックフィーリングもある。

13.22.0655.

★☆☆
On the Edge 2022
miletⒻ
日本の女性シンガーソングライター「ミレイ」サウンド、アレンジとワールドレベル、ヴォーカルもナチュラルでいて情熱的。心地よく聴ける。ソングライティングもしっかりとインプットしたものをリボーンさせている。

14.22.0656.

★★☆
Who I Am 2022
miletⒻ
ポップ王道のスタイル、世界ではツワモノたちがひしめくエリアだが、なんの全く負けていない。私は聴いていてうれしくなった。サビが強烈に心を熱くさせる。いい曲。

15.22.0657.

★★☆
Hot Tub 2022
Yung Gravy×Dillon Francis×Tペイン
ミネソタ州出身のアメリカ人ラッパー、ソングライター「Yung Gravy」フロリダのシンガーソングライター、ラッパー「T-ペイン」LAのDJ「ディロン・フランシス」のコラボ作。真夏の夜のビーチサイドとイメージした。クールでヒップなbpm123のダンスチューン。*Added album 



16.22.0658.

Won't Forgot You - Edit 2022
Shouse
オーストラリアを拠点とする電子音楽デュオ「Shouse」ダンスビートに哀愁のヴォーカル、合唱型のサビも盛り上がる要素だ。ソングライティングに妙味あり。*Added album 

17.22.0659.

★☆☆
Richest Man 2022
Jay Sean
イギリスのシンガーソングライター、ラッパー、ビートボクサー「ジェイ・ショーン」循環コードの作品だが、タイトでホットなサビのリズムが個性を出している。

18.22.0660.

★☆☆
I Guess That Was Goodbye 2022
Lyn Lapid
フィリピンの TikToker and Youtuber「Lyn Lapid」ドラマチックなアレンジとキュートなヴォーカル、サウンドメイクもよく練られている。

19.22.0661.

★☆☆
Darling It's Over 2022
A Great Big World×Jason Mraz
ニューヨークのロック・デュオ「A Great Big World」とアコギのナンバーの達人、バージニアのシンガーソングライター「ジェイソン・ムラーズ」による癒しのミディアムバラード。

20.22.0662.

Rock Me Amadeus - Extended Canadian/American 2022Re-Edit
Falco
1985年にこのアプローチ、今思えば恐るべし積極性だ。色あせない作品の一つ、改めて新作「Falco 65」を聴いてみて驚いた。そんなファルコは1998年に交通事故で死亡、もう新作はない。

21.22.0663.

America 1985/2022
Falco
あくまでも推測だが、尾崎はこの曲を聴いて影響を受けたのではと、ふとそう思った。表現力溢れるファルコのヴォーカルは素晴らしい、そしてソングライティングも。

22.22.0664.

★☆☆
Little Wonder - Junior's Club Instrumental 1997,2022 Remaster
David Bowie×Junior VasquezⒻ
圧倒されるリアル・ドラム&ベースの大迫力、絡むシンセに激しいギター、刺激度満点。リミックスはペンシルバニア州ランカスター出身のハウス・ミュージックDJ「ジュニア・ヴァスケス」


🔹東京を表す新ドメイン「.tokyo」
🔹
おすすめ⊳サウンドハウスのアウトレット商品一覧

Sponsored Links