Rhiannon Giddens

アメリカの国旗
伝統音楽の素晴らしさ教わりました

アメリカン・ルーツ・ミュージックを今の時代に聴かせる、あるべき音をあるべきスタイルで、やさしく、時には激しく。無駄な音は皆無、洗練されたルーツミュージックたちだ。ツアーに出ている時以外は、アイルランドに住んでいるそうだ。
 


🔹 日本の民泊予約なら、STAY JAPAN
🔹 サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧です
🔹【楽器の出張買取専門店】楽器の買取屋さんは、買取金額20%アップ中
🔹 新規契約者募集【STELLA MUSIC】


2024.05.現在/as of 2024.05.

01.

★☆☆
She's Get You 2015
レイチャールズなどにみられるソウルミュージックのルーツスタイルだ。熱くなりすぎず、センス良くまとめられている。各楽器も美しくよい。

02.

★☆☆
Tomorrow Is My Turn 2015
フランスのムードも感じながら、ホイットニーやカレン・カーペンターのニュアンスも感じ取れた。哀愁感たっぷりのバラード。

03.

★☆☆
Black Is the Color 2015
どことなく朝日の当たる家に似たAメロ、ヴォーカルラインはニナシモンを彷彿とさせる。バックトラックのグルーヴ感も◎


04.

★★☆
Little Margaret 2019
feat.Francesco Turrisi
世界最古の太鼓と言われるフレーム・ドラムの連打が音程をも感じさせるサウンド、ヴォーカルはそのジャンベのみで展開する。圧巻のリズムは生き物のようだ。

05.

★☆☆
He Will SeeYou Thiough 2019
feat.Francesco Turrisi
キラキラとした高音のピアノフレーズと讃美歌のヴォーカルが温かい、ブラスが入りピアノがレギュラーポジションで後半を迎える。温かいバラード





06.

★★☆
Si Dolce e'l Tormento 2021
feat.Francesco Turrisi
イタリアのジャズギタリ
スト「フランチェスコ・トゥリッシ」によるイントロのやや不安なアコギのアルペジオは「バクダッドカフェ」を思い出した。二人だけの美しく切ないバラード

07.

★☆☆
Amazing Grace 2021
feat.Francesco Turrisi
2019年の作品に引き続きフレーム・ドラムとヴォーカルのデュオかなと思いきや、後半にバグパイプがキメてくれる。



 
🔹日本の民泊予約なら、STAY JAPAN 
🔹
サウンドハウスのアウトレット商品一覧
🔹業界No.1のネット楽器販売専門サイト石橋楽器店!
🔹新規契約者募集【STELLA MUSIC】 

Sponsored Links