New Music Saturday Taoji

🔷2022年 29週目 

今の音楽の大きな流れ、1小節単位の新しい試み、私がソングライティングに妙味ありとセレクトした直近にリリースされた曲による週刊プレイリスト「New Music Saturday Taoji」
⊳Taoji‥終末にオープンする私のBarの場所 ⊳Spotify Playlist「New Music Saturday Taoji」は翌週には上書きします
🔹【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り! 
🔹  ãŠã™ã™ã‚âŠ³ã‚µã‚¦ãƒ³ãƒ‰ãƒã‚¦ã‚¹ã®ã‚¢ã‚¦ãƒˆãƒ¬ãƒƒãƒˆç›®çŽ‰å•†å“ä¸€è¦§ã§ã™

このプレイリストは最新のものが表示されまます。🔷

01.22.1969.

★★☆
The Race Is Aboutr To Begin 2022
black midi
サイケでジャジーだとかいった表現が邪魔になりそうなスケール感に到達した感がある。圧倒的に凶暴なリズムに、ちょっと言いすぎだがシナトラにも通じる存在感のヴォーカル。後半の怒涛のポリリズムの応酬は無敵の音だ。アルバム通しておそらく絶賛されるだろう。

02.22.1970.

★☆☆
The Death And Resurrection Show 2022
Jeff Beck×Johnny Depp
プロディジーのイメージ、EDMを飲み込んだジェフのギターサウンド。リフのカッコいいこと

03.22.1971.

★☆☆
This Is A Song For Miss Hedy Lamarr 2022
Jeff Beck×Johnny Depp
ジョニーデップが書いたバラード、一段づつ高みに昇っていくニュアンスのいい曲。

04.22.1972.

★★☆
Baby Criminal 2022
Viagra Boys
カッコいいリズムにカッコいいギターカット、だみ声のヴォーカルはスリリングで最高!言うことなしのキラーチューン。

05.22.1973.

★☆☆
What,Me Worry? - A-Trak Remix 2022
Portugal. The Man 
耳に残る印象的なフックと個性的なサウンド、EDMの土台の上に展開する彼らのセンスは期待を裏切らない。



06.22.1974.

★★☆
Let The Lights On 2022
Sorry
リズムを引っ張りながら展開するヴォーカルがとにかくカッコいい。二小節ごとの強いアクセントが大きなグルーヴをつくっている。ソングライティングに妙味あり。*Added EP

07.22.1975.

★☆☆
Hate 2022
Loyle Carner 
ジャジーなループトラックにクールなラップが◎、グワーッとヒートアップして、クールダウンするのもいいセンス。

08.22.1976.

★☆☆
多分、あれはFly 2022
NIKO NIKO TAN TAN
リズムとヴォーカルが一体となってグイグイと来る。おいしいところをしっかりと前面に、無駄がない。

09.22.1977.

★☆☆
yugi 2022
yonawo
粗削りだがチルなムードはしっかりとワールドレベル。感性を覗いてみたい*Added album 

10.22.1978.

★☆☆
53号線 2022
J-Rexxx×DJ KAJI×$ora
浜省がヒップホップをしたようなイメージを受けた。歌詞がちゃんと入ってくる。53号線ってのが語呂が気持ちいい。

私も使ってます、Spotifyと相性ばっちり、音の解像度、輪郭がはっきりとなる、感動的。

11.22.1979.

★☆☆
All In (feat.Sincere) 2022
LodiLodi×Sincere
気持ちいいデュエットナンバー、ミディアムなバラードはR&Bのムードがしっかり。

12.22.1980.

★☆☆
Bored of Men 2022
Mhaol
強烈なドラムとノイジーなギターのトラックで、パンキッシュだがどこか冷静なヴォーカルが微妙なバランスを保っている。他の曲が気になる。*Added EP

13.22.1981.

★☆☆
Another Dose (feat.Mick Jenkins) 2022
Gamblers×Mick Jenkins
リズムが前面に、躍動するベースも、弾むシンセバッキングもダンサブルだ。

14.22.1982.

★☆☆
Tonight (feat.Tina) 2022
¥ellow Bucks×Tina
80’sファンクのムード、サビはドクター・ドレーのあの曲が浮かんでくる。

15.22.1983.

★☆☆
走馬灯 2022
Vaundy
スケールのデカいサビが素晴らしい。ソングライティングに妙味あり。*Added All Songs

私も使ってます、Spotifyと相性ばっちり、ほんといい音。

16.22.1984.

★☆☆
2 Be Loved (Am I Ready ) 2022
Lizzo
オルガン遊びからビートがスタート、ヴォーカルはリズミカル。すぐやってくるサビはキャッチーでゴキゲン。

17.22.1985.

★☆☆
Everybody's Gay 2022
Lizzo
全体にマイケルをイメージした。パーカッシブなギターに跳ねに跳ねるブラスも◎

18.22.1986.

★☆☆
Spinning World 2022
Perfume
イントロのギターのフレーズがカッコいい、タイトなコードチェンジにロボットと人間の中間のヴォーカルが刺激的なシンセ音と絡んでクール。ブレイク、キメ等に新しさを取り込んでる。中田君のいい仕事。

19.22.1987.

★★☆
Easy Lover (feat.Big Sean) 2022
Ellie Goulding
短いが期待感をそそる導入、斬新なバッキングのシンセ、強烈に痺れるサビ。ラップのパートを挟んで盛り上がる。

20.22.1988.

★☆☆
Move Me - feat.Carly Rae Jepsen 2022
Lewis OfMan×Carly Rae Jepsen
ファンキーなピアノに四つ打ち、ハンドクラップ。80~90’sのディスコを思わせるダンサブルなナンバーを今に表現した。*Added Lewis OfMan album 



21.22.1989.

★☆☆
SNAP - Low and Slow 2022
Rosa Lin
レンジの広いミックスで展開するミディアムナンバー。アコギのバッキング、アクセントなしのブレイク、民族的なサビの展開、飽きさせない。ソングライティングに妙味あり。*Added EP

22.22.1990.

★☆☆
Read your Mind 2022
Sabrina Carpenter
軽快なリズムにハンドクラップ、フックの連発のようなメロディライン。モダンなコード進行とキュートな展開はここでもドージャキャットの2019年のあの曲がちらつく。

23.22.1991.

★★☆
how many things 2022
Sabrina Carpenter
涼し気なアコギに響き渡る倍音のヴォーカル、聴き入ってしまう美しさ。ハーモニーのところは痺れた


🔹東京を表す新ドメイン「.tokyo」
🔹
おすすめ⊳サウンドハウスのアウトレット商品一覧

Sponsored Links