Blank & Jones

極小サイズのドイツの国旗 
夏の定番、イビサの快楽サウンド&グルーヴ

 

🔹 日本の民泊予約なら、STAY JAPAN
🔹 サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧です
🔹【楽器の出張買取専門店】楽器の買取屋さんは、買取金額20%アップ中
🔹 新規契約者募集【STELLA MUSIC】


2024.05.現在/as of 2024.05.

01.

★☆☆
I Love You 2005
ツインピークスを思わせるドリーミーなパッドで優しいヴォーカル。涼し気なガットギターと真夏のサンセットタイムにドンピシャ。

02.

★☆☆
Someone Like You 2005
ドローンなシンセから心地よい日本のアコギのアンサンブル。ヴォーカルはクリスレアを若くした感じ
。心地よさの極みだな


03.

★☆☆
Where You Belong - You Can Run Mix 2009
下から煽るビートがゴキゲンなノリを生んでいる。女性ヴォーカルのクールさも◎


04.

★☆☆
Every Day Every Night 2009
パワフルなビッグビートにパーカッシブなギター・カットが印象的、タイトルワードのフックがカウンターで入る。全編ファンキーな展開だ。


05.

★☆☆
Luftschlose 2010
シネマティックなワイドレンジなシンセのバッキングにリズムが次々と静かに絡みだす。6:58のロングでどう展開するか、じわじわとリズムが輪郭を現せてくる、そしてアコギのフレーズだ、リズムは弾んだ感じでビートを刻みだした




06.

★☆☆
Morning Sun 2010
静寂の中に鳥のさえずりのようなシンセにワウギター、ビートイン、レゲエだ!Khruangbinをさらにクールにしたイメージ

07.

★☆☆
Morning Sun (Cruisin) 2010
ドラムの輪郭がはっきり、全体にエッジを効かせたサウンドメイク、ダブな要素も少し見られる。

08.

★☆☆
Freelove - Sunset Session Mix 2010
四つ打ちのビートにスペースシンセ、裏のビートもしっかり。シンセベースが80’sのブリティッシュロックを思い出す。女性ヴォーカルのタイトルワードのサビ、エレピのソロも◎


09.

★☆☆
Happiness - Sunset Mix 2012
feat.Cathy Battistessa 
ローズのフレーズに霧のようなパッドで展開、見事なムードメイク。2分半でヴォーカルイン、リズムが絡みだして大きなウネリが生まれている。

10.

Happiness 2012
feat.Cathy Battistessa 
bpm120の四つ打ちのリズムにエレピパッド、そしてCathy のソウルフルなヴォーカル、ベースが入ってからは実に心地良いグルーヴだ。



11.

★☆☆
Nighttime 2017
ビートの心地よさ、アクセントのタイミング、裏に入るシンセのピンポイントな場所、それらが揃うとついつい自然と体が動かされてしまっている。お国柄が前面に現れたテクノムード満載のビートチューン


12.

★☆☆
Breazin' - Bruno From Ibiza Mix 2020
feat.Bruno From Ibiza 
大きな車がゆっくりと走るようなビッグビートが常に底辺をキープ、上にはパーカッションと涼し気なシンセとギター。ビート熱い熱いだが涼し気な風も感じるイビサ・ミックス


13.

★☆☆
Risin' to the Top - Radio Mix 2020
ライトなパッドに心地よいドラム、そしてシンセベース。女性ヴォーカルもキュートでおしゃれなR&Bテイスト。


14.

★☆☆
A Bright Star (Une Petite Melodie) 2022
スローなラブリーなピアノバラードにストリングスのゴージャスさ、ミュートペットのソロがクールだ。


15.

★☆☆
This Is The Day 2022
feat. Zoe Durrant
アコギの素敵なイントロに、魅力的な女性ヴォーカルはムードたっぷり。セクシーで癒しでもある。

第2章 クラブの多い観光地スペインのイビサ島のクラブ文化の歴史


16.

★☆☆
Fermweh 2022
ローズスタイルのエレピと波の音、時計のようなハイハットのさりげなさ

17.

★☆☆
Nothing's Happening By The Sea 2022
feat. Mick Roach
アコギがメインの快楽アレンジに、ハスキーな男性ヴォーカル、ゆりかごのようなミディアム・バラード

18.

★☆☆
Feel Like Makin' Love 2023
ロバータ・フラックの印象が強く、ディアンジェロの強烈さ頭にあるが、これはこれで流されてみた




19.

★☆☆
Flowing - Jazz Trio Version 2023
トリオジャズにおいても彼らの色はしっかりと表現されている。すぐそこに海が見える。ピアノサウンドにベールのようなシンセが◎


 
🔹日本の民泊予約なら、STAY JAPAN 
🔹
サウンドハウスのアウトレット商品一覧
🔹業界No.1のネット楽器販売専門サイト石橋楽器店!
🔹新規契約者募集【STELLA MUSIC】 

Sponsored Links