New Music Saturday Taoji

🔷2022年 42週目 トッド・ラングレン健在!

今の音楽の大きな流れ、1小節単位の新しい試み、私がソングライティングに妙味ありとセレクトした直近にリリースされた曲による週刊プレイリスト「New Music Saturday Taoji」
⊳Taoji‥終末にオープンする私のBarの場所 ⊳Spotify Playlist「New Music Saturday Taoji」は翌週には上書きします


このプレイリストは最新のものが表示されまます。

01.22.2463.

★★☆
Light It Up 2022
オリアンティ
This Is Rock、ボトムの心地よいふくよかさに、四つ打ちのハイブリッドなロックナンバー。サビのカッコよさ、車で思わずボリュームアップしてしまった。

02.22.2464.

★☆☆
Stfu 2022
Todd Rundgren×Rick Nielsen
トッドの新作は聴き応えバッチリだった、このリック・ニールセンのギターをさらにあおるようにソングライティングはハードに持って行く。フックの繰り返しは強烈にパワフルだ。

03.22.2465.

★☆☆
Only Wanna Be With You 2022
Amy Shark
軽快なアップテンポにポップなメロディを乗せる、畳みかけるように上手くサビをつくっている。テイラースイフトのポップ路線のナンバーだと言われても納得する。ブレイクダウンのパートでのヴォーカルの崩し方に非凡なものを見た。*Added album 

04.22.2466.

★☆☆
grace 2022
藤井 風
四つ打ちにキャッチーなタイトルワード、メロディラインはしっかりと動く今の日本のはやり歌。ビート感が心地よくワールドレベル。サビの四つ打ち強調のビートも◎

05.22.2467.

★☆☆
on & on - Sudley Remix 2022
piri×Tommy Villiers×Sudley
on & onのキャッチーなフックが印象的、タイトなドラムにドリーミーなシンセが入り乱れるといったイメージのバックトラック、クールだ。Piri とTommyはユニットで活動しているようだ。



06.22.2468.

★☆☆
Im Glück  - The National Remix 2022
NEU!
これは何の音?舟を漕いでる?と思っていたら、ビートがせり上がってくる。それもイカシタビートだ。タイムを見たら8:09の尺、 ã‚¯ãƒ©ãƒ•ãƒˆãƒ¯ãƒ¼ã‚¯ã®ãƒ¡ãƒ³ãƒãƒ¼ã ã£ãŸã‚¯ãƒ©ã‚¦ã‚¹ãƒ»ãƒ‡ã‚£ãƒ³ã‚¬ãƒ¼ã¨ãƒŸãƒ’ャエル・ローターの二人により、1971年に西ドイツのデュッセルドルフで結成されたバンド「ノイ ã€*Added 2022 album 

07.22.2469.

★☆☆
It's You 2022
Cassandra Jenkins
ハープのイントロから超リアルなヴォーカルが目の前で聴こえる。子守歌のように聴いてる私がいる。これはこれで超刺激的。少しほかの曲も聴いてみたい、*Added album 

08.22.2470.

★☆☆
Xale (Toubab Dialaw Kids Rhyme) 2022
Wau Wau Collectif
セネガルの注目アーチスト。Spotifyが無いと出会えなかった。リズムとハンドクラップ、足踏み、そしてギターのコードに合わせて、歌う子供たちのフレーズがループされて曲が形作られている。この心のどこかに働きかけるフレーズにホットなリズム、もっと聴いてみたい。*Added All Songs

09.22.2471.

★☆☆
Marigold 2022
M.I.A.
多才な彼女はスリランカの血をひく、そして波乱万丈の幼少期を。サビのコーラスの掛け合いが、どことなく悲し気で独特の曲調となっている。

10.22.2472.

★☆☆
Ease My Mind 2022
Robert Lester Folsom
アコギとドラム、レトロな一発どりのムード、ポールのイメージもあるし、遠くにビートルズも見える。70年代から活動しているシンガーソングライターだった、恥ずかしながら今知った。*Added All Songs



11.22.2473.

Own Me - Live at Pikes Ibiza 2022
Nighrmares On wax
ライブ作品はほとんど当サイトでは対象にしていないが、Spotifyが勧めてくれたのが偶然ライブだった、と言うか最近多くのアーチストが過去のライブ音源を続々とサブスクに投入しているから、気にはなっていた。基本のリズムのループはほぼ最後まで、マーヴィン・スタイルのヴォーカルも安定感を最後までキープ。ライブだとエレピにギターにアドリブの応酬が見られるのだろう。



12.22.2474.

★☆☆
fantasies 2022
Alaina Castillo
ビートが動き出すと、その軽快なリズム感、メロディのアクセントで見事にスイングしている。メキシコとアメリカのハーフ。味わい深いアーチストだ。

13.22.2475.

★☆☆
Matcha Matcha 2022
Beni-Fadi×Ukai Ndame×Walter Griot
タイトルワードのキャッチーなフックとテクノフレーバー、ヴォーカルラインはエスニックなムードがあって実にホットなナンバーだ。ベニファディはSpotifyでは3曲、Ukai Ndame、Walter Griotはまだこの1曲のみ。

14.22.2476.

★☆☆
Sunset Tower In The Rain 2022
ソンドレラルケ
アコギで一発録りのデモのような始まり、ピアノとストリングスが入り曲が展開カラオケボックスのムード、ローファイテイクだが非凡なメロディメイクだ。終わりよければすべてよし

15.22.2477.

★☆☆
MORAL SUPPORT 2022
easy life
ノスタルジックなアコギの弾き語りスタイルのミディアム・バラード、サビの展開が美しい、間奏での遊び心も、なくてもいいとは思うが楽しい/笑。




🔹東京を表す新ドメイン「.tokyo」
🔹
おすすめ⊳サウンドハウスのアウトレット商品一覧

Sponsored Links