New Music Saturday Taoji

🔷2022年 45週目


今の音楽の大きな流れ、1小節単位の新しい試み、私がソングライティングに妙味ありとセレクトした直近にリリースされた曲による週刊プレイリスト「New Music Saturday Taoji」
⊳Taoji‥終末にオープンする私のBarの場所 ⊳Spotify Playlist「New Music Saturday Taoji」は翌週には上書きします

このプレイリストは最新のものが表示されまます。🔷

01.22.2613.

★☆☆
Swinging at the Hypnodrome 2022
Telefis
アイルランドのCathal Coughlan と Jacknife Leeのプロジェクト「テレフィス」ミディアムテンポのビートナンバー。王道を抑えつつ独創的な色が散りばめられている。ゴリラズあたりと競合するポジションだ。*Added album 

02.22.2614.

★☆☆
100% Pure Love 2022
Years & Years
細かなリズムを乗せたタイトな80’sから色あせないダンスビート、ゴキゲンなフックの連発で見事に乗りこなすヴォーカルライン。

03.22.2615.

★☆☆
Wolf - Boys Noize Remix 2022
Yeah Yeah Yeahs×Boys Noize
ドンピシャの気持ちいいビート、ブラスシンセによるテーマのパートは痺れるね~ ビートも煽りが入ってる感じだし。*Added Boys Noize album 



04.22.2616.

★☆☆
Music,Dance & Love 2022
Original Love
イントロカッコいいね~、良い悪いは別として、ワールドソングと違うのはサウンドメイクのみだ。いい田島君。

05.22.2617.

★☆☆
Pretty Boy 2022
Noel Gallagher's High Flying Birds
フェイドインで入ってくる軽快なEDMとの融合のイメージの序盤、1分あたりからキャッチーなフックの効いたサビに入るが、ループのコード進行。控えめなギターサウンドがいい焦らしだな。


06.22.2618.

★☆☆
Carry It Well 2022
Sam Fischer
循環コードのナンバー。そこを、どうするか?それがセンスの見せ所。数か所「おっ!」と言わせるパートがある。オーストラリアのシンガーソングライター。ソングライティングに妙味あり。*Added 3 EP 

07.22.2619.

★☆☆
Isang Anghel 2022
Zild
フィリピンのシンガーソングライター、ドラムとアコギはピシャっと合わさると実に気持ちいい。サビでスリリングな展開になるのはムードあるね。*Added 2022 album 

08.22.2620.

★☆☆
Tub Erupt - Cavern Of Anti-Matter Remix 2022
Vanishing Twin×Cavern Of Anti-Matter
ロンドンを拠点とするサイケデリックポップクインテット。ドローンサウンドによる幕開けから、ファレル・ウィリアムスのノリをテクノ風に仕上げた感じで展開する。シンセのバッキングはジェネシスのトニーぽくもある。強く押すこともなく、浮遊感のある不思議な世界だ。Cavern Of Anti-Matterも興味深い。*Added Both album 

09.22.2621.

★☆☆
Mortal Sport Argonaut 2022
Pet Shimmers
疾走感のあるリズムに、ゲームサウンドのようなシンセフレーズ、ヴォーカルは奥まった感じでインパクトは弱いが、不思議な何かを感じる。*Added 2020 album 

10.22.2622.

★☆☆
What Would You Like Me to Do? 2022
Meat Wave
メランコリックなパンクバンドと表現されているシカゴのスリーピース。全体に粗削りだが、何か新しい息吹を感じる。*Added album 




🔹東京を表す新ドメイン「.tokyo」
🔹
おすすめ⊳サウンドハウスのアウトレット商品一覧

Sponsored Links