XTC

イングランドの国旗 
独自のポップセンス、アレンジは影響力大だった



🔹 日本の民泊予約なら、STAY JAPAN
🔹 サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧です
🔹【楽器の出張買取専門店】楽器の買取屋さんは、買取金額20%アップ中
🔹 新規契約者募集【STELLA MUSIC】


2024.01.現在/as of 2024.01.

01.

★☆☆
Respectable Street 1980
ラジオトーンの導入パートからカッコいいギターカットでスタート、メロディラインはいくつもの枝に分かれて展開する。


02.

★☆☆
It's Nearly Africa 1982 / 2001 Remaster
アフリカということで、カリンバのようなサウンドが終始流れ、リズムもネイティヴなイメージ。コーラスパートも叫ぶようなフックが目立つ


03.

★☆☆
Beating Of Hearts 1983 / 2001 Remaster
エスニックなイントロのフレーズが印象的。全編重い一拍、三拍のビートがうねりを出している。


04.

★☆☆
Shake You Donkey Up 1984 / 2001 Remaster
パワフルなでタイトなシンコぺリズムにリズミカルなヴォーカル、リズムに煽られるナンバーだ


05.

The Loving 1989 / 2001 Remaster
キャッチーなサビが繰り返されて始まる、そしてAからビート感の強いBへ。コーラスが際立つミディアムナンバー。後半はヴァンヘイレンのプリティ・ウーマンの展開だ





06.

★★☆
Ballad Of Peter Pumpkinhead 1992 / 2001 Remaster
カッコいいギターカットで始まり、パワフルドラムが続く。メロディラインは終始ポップなつくり。サビ前のタメにタメた一拍、サビラストのコードトーンなど完成された作品だ

07.

★☆☆
Books Are Burning 1992 / 2001 Remaster
タイトルワードで始まるミディアム・バラード、展開はシンプルだが、中盤からややヒートアップ


 
🔹日本の民泊予約なら、STAY JAPAN 
🔹
サウンドハウスのアウトレット商品一覧
🔹業界No.1のインターネット楽器販売専門サイト石橋楽器店!
🔹新規契約者募集【STELLA MUSIC】 



Sponsored Links