MIG2019.10

052.

Spotify Playlist/What’s Good.22 songs 09.05 Tuesday Update by Ryan Schreiber from pitchfork

Songs I Met At
What’s Good
*これらのアーチストの作品はおそらく明日のメニューになると思う

Saweetie/LA/1993BY/HIpHop//いいですね、ツボ知ってはります。

Ayelle/スウェーデン・イランのSSW//ビリーアイリッシュの世界観

Biig Piig/1998BY/Ireland>London//クールに自由にドライビングしてる

Madison Mcferrin/NY//アダルトなNYの色、サウンドメイク、アレンジもクール。


Kiah Victria/
R&B Soul/LA/SSW//アリシアキーズを思わせる、自然な感情表現が心地いい

053.
Stephen Bishop/Careless 1976

054.
Stephen Bishop/Bish 1978

055.
Stephen Bishop/Red Cab To Manhattan 1980

056.
Stephen Bishop/Bowling In Paris 1989

057.
Stephen Bishop/Blue Guitars 1996

058.
Stephen Bishop/Yardwork 2002//アコースティックの冴えわたるアルバム

059.
Stephen Bishop/Fear of Massage:Demo 3 2003

060.
Stephen Bishop/Demo Album 1 2003


デュランデュラン風あり、TOTO風あり、スティング風ありと、その時代に強烈な影響を落とした楽曲たちのパワーが見える。
Stephen Bishopは敏感で多彩、初期は当然ですがパワーが前面に溢れています。それにしても最新作「We'll Talk About It Later In The Car 2019」はすばらしい。













Sponsored Links