5S
01.

ノエル・ギ、ロックャラガースターが生まれなくなってしまった原因について語る

最近、リップサービスが特にお盛んで、ファンとしては楽しい限り。今回も、笑いながら読んで、変に納得した(笑)。

02.
川谷絵音の仕事を「ポップス」と「オルタナティブ」から読み解く


「チーム川谷」とも言うべき、優れたミュージシャンが彼の周りに存在することによって、驚異的なペースで楽曲を量産できる。
03.
冨田ラボWorksを4つのモードで聴くためのライナーノーツ


04.
数々の名言を連発!「関ジャム」椎名林檎特集の振り返り

これだけリアルに喋ってくれたのは番組の企画力のおかげもある。得意のコード進行とか具体的でいい内容です。

05.
枯れない才能、衰えぬ輝きベック『ハイパースペース』

期待してたほどではなかったんだけど、話題は十分なアルバム、ベック×ファレルだからね。ロッキンオンさんが考察してくれてます。トヨタセリカにカタカナ表示、日本意識してることのメッセージでしょうか?


diary
最近ブームというよりコライトの流れで、ほぼ定着してきた感がある、コラボはいいことばかりではない。

カニエのようにしたたかに、器用に取り込んでいけば、それは正解なんだと思うけど、個性を混ぜようとすると失敗が起こりうる。ましてフルアルバムを全面コラボとなると注意が必要だ。

最近では。椎名林檎×宇多田ヒカル、個々には最高に素晴らしいアーチストで、大好きなんだけど、今回の作品は、お互いの良さを打ち消しあってるような気がする。

基本的にコラボは難しいと思ってるし、あまり好きではない。が、しかしライブならきっと個々のマンパワー、ウーマンパワーがあるからきっとすごくいいんでしょうけど...

どっちやねん










Sponsored Links