Joan As Police Woman

アメリカの国旗
ソウルフルなマザーファッカー

アメリカのミュージシャン、シンガーソングライター、そして故ジェフ・バックリィの恋人。またルーファス・ウェインライトも彼女の才能に惚れ込んで、自身のツアーに参加するように依頼した。とにかくソングライティング、アレンジ、ヴォーカルと★★★。


🔹【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り! 
🔹  おすすめ⊳サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧です


2022.09.現在/as of 2022.09.



Jeff Buckley - Hallelujah 









Rufus Wainwright  "Sword of Damocles" 



01.20.0774.

★☆☆
Let It Be You 2016
ハンドクラップでノリを出して四つ打ちでスタート、アレンジも斬新で、突っこんだ感じ。ヴォーカルは踊りまくってる。

02.20.0764.

★☆☆
My Girl 2006
ギターアンプから出したようなエレピの音がまずパワフルな展開を予想させる。イメージとしてはジャニスとキャロル・キングのいいとこ取り。このデビューEP<6曲>がダントツでアグレッシブだ。

03.20.0765.

★☆☆
Stagger Into the Night 2006
ハートフルなナンバー、70年代のBBAあたりのイメージがある。

04.20.0766.

★★★
Could It Still Be Tonight? 2006
2006年のこの時期にすでにドローンサウンドを起用してる。歌い出しの脳天を貫くかの如くヴォーカル、歪んだバイオリンにドローンサウンド、これトリップするわ。

アルバムジャケットが違うがこれ↓がデビューEP


05.20.0767.

★☆☆
Real Life 2007
ナチュラルなピアノに縦横無尽にメロディを奏でる。これが彼女のReal Lifeだ。

06.22.1508.

★☆☆
Christbel 2007
タイトルワードの表現が耳に残る、ハイピッチなナンバー。ソウルフルなギターソロも

07.22.1509.

★☆☆
We Don't Own It - Solo 2007
センスあるフレーズのギターをバックにヴォーカルが積み重ねていくようなイメージ。バンドサウンドの曲も同アルバム10曲目にあるが、どうもこちらが印象的だ。

08.20.0768.

★★☆
Start of My Heart 2008
ベースがまず耳に入ってくる、ポールのベース並みの存在感、印象的なバックコーラスに浮遊感たっぷりのヴォーカルは表現力たっぷり。デヴィッド・リンチも好みそうな曲だ。





09.20.0769.

★★★
To Be Lonely 2008
ひっぱるピアノのイントロから、感動的に入る生死感を語るヴォーカル。バイオリンが入ってからのコード展開が実に美しい。で、また後半のピアノの... 


10.22.1510.

★★★
To Survive 2008
クラシカルなピアノにヴォーカルが展開する。音の流れが美しく、ストリングスがここぞと入る感じも◎

11.22.1511.

★☆☆
Whatever You Like 2009
歪んだギターのフレーズ、のちのアクモンに影響を与えたのだろうか?ソングライターは空欄だ。ツインヴォーカルで始まるメロディはじわじわと熱を帯びていく

12.22.1512.

★★☆
Sacred Tricker 2009
太いバスドラにハンドクラップでグイグイと展開するナンバー、カッコいい。

13.22.1513.

★☆☆
Keeper of the Flame 2009
悲し気なムード漂う歌い出し、バックはギターのアルペジオ。彼女の声は優しいのか?悲しいのか?胸に何かを感じるものがある。



14.20.0770.

★★☆
The Magic 2011
ここでもまた歪んだエレピがいい感じ。とにかくサビがカッコイイ、ライブでは鳥肌ですね、二分半過ぎからブリッジでドアーズみたいになるし_神がかりのセンス。

15.20.0771.

★★☆
Forever and a Year 2011
この曲も歌い出しが鳥肌、すかさずメロディが展開するがすべて美しい。オルガンが泣けるってのは初めての体験かもしれない。


16.20.0772.

★☆☆
Chemmie 2011
ファルセットの感じがプリンス、そして地声になるとアニー・レノックス、コード展開も一見シンプルだがよくできてる。



私も使ってます、Spotifyと相性ばっちり、ほんといい音。

17.22.1514.

★☆☆
Get Direct 2014
曇りの空のようなパッドでヴォーカルが展開する。膝を叩く音にスネアが重なる、ピアノもトーンを抑えた音でソロをとる。いろいろと想像してしまう効果音もある

18.20.0773.

★☆☆
Your Song 2014
ピアノで歌い上げるちょいスローなエルトン・ジョンて感じかな。歌の表現に合わせてバッキングをアレンジするのは絶妙。


19.20.0775.

★★☆
Warning Bell 2018
やはりジョーンは歌い出しに魂を入れてる。メロディラインが耳に残るいい作品。円熟味、これから先が楽しみで仕方ない。


20.20.0776.

★☆☆
Out Of Time 2020
ピアノとジョニ・ミッチェルばりのけだるいヴォーカル。


21.22.1414.

★☆☆
Take Me To Your Leader 2021
feat.Tony Alen×Dave Okumu
ピアノの低音部と故トニー・アレンのドラムがぶつかり合う、ビル・ウィザーズのようなうねりのあるヴォーカルもカッコいい。オーストリアのシンガーソングライタ
ー「デイヴ・オクム」も参加

22.22.1415.

★☆☆
Geometry Of You 2021
feat.Tony Alen×Dave Okumu
エレピがリズムをキープし、トニーが跳ね回る出だし。おそらくデイヴだろうが個性的なコンプレッションされたギターのアプローチ。ヴォーカルはクワイエット・ストーム。隅々までよく聴くと演奏風景が浮かんでくる。



🔹東京を表す新ドメイン「.tokyo」
🔹
おすすめ⊳サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧です

Sponsored Links