Playlist2

トム・ヨークの頭の中を覗くわけだが、精神世界に浸る彼は刺激と緩和は裏表。禅を志すことで得られた時間の尺は、一般人とは違うのだろう。


Sanos Radio Thom Yorke's 25 songs
<②“Music for Piano with Magnetic Strings” / Alvin Lucier & *Zeitkratzer と ㉑“La Partenza (The Parting)” / Trallaleri of Genoa はSpotify Lost。YouTubeで↓にあります。>


01.

“Reducing the Tempo to Zero (Part 3)” 2019
Ben Vide
 
エレクトロ・サイコ・アコースティック・ドローン

これ1曲で58分の作品。


02.

 “Music for Piano with Magnetic Strings”
Alvin Lucier & *Zeitkratzer 
New Hampshire/音響現象と聴覚を探求する実験的な音楽とサウンドインスタレーション
*Germany/+実験音楽グループ

この禅の世界観2連発でも、私はメゲません。


トム・ヨークも愛読の一冊

03.

“Like Last Night” 2018
Stine Janvin
Norway/voice-performer

voice-performerなる世界もこう進化してるのか


04.

 “La Plus Belle Africaine (Live at Cote D’Azur, France)” 1967
Duke Ellington and His Orchestra 

ヴァーヴに残した唯一の単独リーダー作「Soul Call」。 コートダジュールにて開催されたジャズ・フェスティヴァルの模様.

05.

 “Uranotypie” 2011
Ursula Bogner 
Germany/dance,electronic

神経を刺激する音色の繰り返しに、リーディングが被さる。


06.

 “Waking” 2018
Sarah Davachi 
Canada/dance,electronic/

哲学を学んだ後に電子音楽とレコーディング・メディアの修士号を修了させた才女。


07.

 “See the Mighty Tree” 2019
Louis Thomas Hardin

NYに住む30年の内、20年は路上生活をした盲目の音楽家。ムーンドッグと言われる。

08.

★★☆ “Nta la vicaria (Canto di carcerato)” 2010
Rosa Balistreri 
Italy/singer

「南のソプラノ」と言われたシチリア島出身のSSW、なんか心鷲づかみにされちゃいます。*Added album


09.

 “Fear, Uncertainty, Doubt” 2019
Holly Herndon 
Tennessee≯Berlin-Germany/electronic,experimental music

エフェクト処理された音たちのコラージュ。




10.

 “The Pure and the Damned” 2017
Oneohtrix Point NeverIggy Pop 
Brooklyn-NY/ダニエル・ロパティン のソロ・プロジェクト/electronic,drawn,ambient

イギーの説得力抜群のリーディングがシネマティック・ミュージックに合わさり冴えわたる。


11.

 “Charlie” 2018
Colin Stetson 
Montreal拠点のCanada系アメリカ人/sax

サックスの音色の概念を覆すアーチスト、刺激の塊。じっくり聴くには体力がいるが覚えておきたい。アーケイド・ファイア、ボン・イヴェールの録音にも参加。*Added album

12.

 “Blood of an American” 1974
Bobby Wright 
west-Virginia/country

NYのシンガーソングライターのAbu TalibがBobby Wrightの名前で74年に残した作品。ギターのアルペジオ美しく、そしてヴォーカルはずっと聴いていたくなるサムシングがある。ベースも歌ってる。


13. 

“Requiem for CS70 and Strings” 2019
Floating Points<サム・シェパード>

Manchester-UK/electronic
「やる価値のあることは、とことん全力でやるべきだ」といい言葉を発している。サンプリング、音のチョイス、アレンジ、MIX等極めのアーチスト。

14.

Duke Ellington — “Ase’s Death”

デューク・エリントンの古いテイクに何かを求めるのはよくわかる。古いのが新しいという美循環。気付く人は気づく。

15.

 “Fantasia” 1987<Stereo Mix 2019>
Moondog<Louis Thomas Hardin>

07.にも登場したLouis Thomas Hardinの作品。


16.

★☆☆ “Don’t Miss It”
James Blake 

穏やかな曲調の中で、神経に直にくる女性ヴォーカルの旋律とサウンド処理でヴォーカルのリアルと浮遊感。夢の中のようなピアノと現実ののピアノ


17. 

★☆☆“El Diablo En El Ojo” 1995
Tindersticks 
Nottingham-UK/Alternative-rock

ウィスパーなヴォーカルはトムの持ち味でもある。かすかに聞こえるブラシの刻みがビートをつくってる、かと思えばラストにかけてア・デイ・イン・ザ・ライフになってる。このバンド気になる。*Added album

18.

 “Toe Cutter – Thumb Buster” 2013
Thee Oh Sees 
San Francisco≯LA/Alternative-Indie

潰れまくったギターサウンドが、ヴォーカルの浮遊感と不思議なバランス。

19.

 “24 Hours”
Silent Servant 
LA/Berlinでコアに活動/techno

20.

“Sacrificial Code II” 2019
Kali Malone 
Denver-Colorado/≯Sweden/organ-drawn

オルガンのソロ演奏で終始上がり下がり、アンビエントと取るか?、高揚音と捉えるか?感じ方は十人十色で。

21.

“La Partenza (The Parting)”
Trallaleri of Genoa 

これはいったいなんて言ったらいいのか?フォークらしいんだが、ベロベロバーって言ってるし(笑)

22.

 “Sonne = Blackbox”
Ursula Bogner 
Germany/dance,electronic

05.に続いて2曲目の登場。

23.

 “Offence”
Little Simz 
Nigeria≯London/rapper

グルーヴィーなトラックに存在感のあるラップ、サウンドメイクも◎


24.

 “DOLO 9” 2019
Dolo Percussion 
複合リズムがメインでハウスミュージックを構築、実験的なグルーヴ。

25.

 “On the Reach of Explanations”
Ian William Craig 
Canada/Experimental

ヒスノイズやターンテーブルのノイズみたいなのに、乗っかる幻想的なエフェクト処理されたヴォイス。不思議な世界だ。




サウンドハウス
日本全国どこへでも、1,000円以上<税込>のご注文で「送料無料」


Sponsored Links