Playlist2

ミックのセンス&考えに考え抜かれたであろう流石の選曲でした。あらゆる分野にアンテナを張ることの大切さを改めて理解しました。

01./1332.

A Change Is Gonna Come 1964
Sam Cooke<1931-1964>
Chicago-US/R&B,gospel,soul

私も大好きなシンガーでよく聴く。あえてサムを聴くと、人生の素晴らしさに感謝ってところまで思考がシンプルになる。ミックも何度も何度も聴くたびにインスピ受けるんでしょうね、こんな風に歌いたいとも思うんでしょうね。


02./1333.

Nobody Ugly 2017
P-Square
Nigeria/R&B,Afro-beat,HipHop

自分にないリズム感や、メロディラインに対して貪欲になるということは大切なこと。もとはと言えば音楽がどこでどうやって生まれてきたかという話になる、そうなれば答えはアフリカ!正解確率は高い。


03./1334.

Mississippi Goddam - Live in New York 2003
Nina Simone<1933-2003>

ニナも私のプライベート・アーチスト、music I guess カテゴリ「神アルバム」でも紹介しているとおり。ある意味信心に近いものがある。ミックもニナのドライブ感、そしてタメのカッコよさ、そして圧倒的な存在感に影響受けてるのよくわかる。




04./1335.

I Don't Know What You Got 1964
Little Richard<1932-2020>

ロックンロールの草分けの一人だが、このナンバーはリトルにあって、オーティス・レディングに近いスタイル。こうやって聴けば、やはり圧倒的なパフォーマーだったことがわかる。


05./1336.

Black 2019
Dave
London/rapper

2019年のマーキューリー賞受賞、2020年にブリットアウォードでベストアルバム賞受賞。しっかりここあたりを聴いてるミックは抜かりない。メロディアスなトラックにいい声のラップが走る。


06./1337.

Utrus Horas 1982
Orchestra Baobab
Senegal/son,Wolof music,Afro-Cuban jazz

アンテナを張り巡らしてるということわかる選曲はセルフプロデュース感覚ばっちり、さすがですね。地味目なこの曲ですが、現代のアフリカ音楽でもっとも熟成したメロウなサウンドと言われるこのバンドは超セクシー。


07./1338.

Lookin' For A Woman 2020
John Lee Hoooker
Mississippi-US/blues

ブルースマンで私のフェイバリットはこの人。ミックさんのブルースの時のニュアンス、モロですね。このアルバムに「rock 'n' roll」って曲があるのが気になって聴いてみた。


08./1339.

People 2019
The 1975
Manchester-UK/Indie-rock

この疾走感のあるビートと、メロディの乗せ方、ミックもまだまだ若いねぇ、痺れたんでしょうね。The 1975 はホントいいバンドだから。




09./1340.

Haddii Hoobaikii Gabay
(If the Artist Let's You Down) 2017
Hibo Nuura
Somalia

コンピの中の一曲のようだ、*Added album 。ソマリアの代表的なシンガーのようだ、よーく聴いてみたらバックのビートが控えめな録音だが凄いグルーヴだ。彼女の音源はSpotifyにはこの一曲、YouTubeでは数曲聴けるようだ。バックのギターが津軽じょんがら風でヴォーカルはまるで日本の民謡に近い旋律、これは刺激的、ミックさんありがとう。


10./1341.

★★☆Bustin' Loose 1979
Chuck Brown and the Soul Searchers<1936-2012>
Maryland-US/GoGo-funk,swing-HipHp

これはカッコいい、ミックさんもこのブラス好きでしょう。GoGo-funkやswing-HipHopなどと一線を引くかのごときジャンル・カテゴリー。

アナログを買おう!
★★☆Bustin' Looseが収録されたアナログ盤


11./1342.

Unprecedenter Time 2020
Alborosie
Italy-Jamaica/reggae

この曲に関してはボブマーリーの生まれ変わりというほど似ている。いいねぇ。*Added album 


12./1343.

Piano Sonata No.14 in C Minor,K.457:ⅡAdagio 1992
Wolfgang Amadeus Mozart

上流階級育ちのミックさんは、子供のころから聴いてたんでしょうけど、私は大人になってから聴くようになりました、こっそり(笑)。


13./1344.

Boltimore 2015
prince<1958-2016>

プリンスラストアルバム1曲目。もうプリンスのカッコよさと、クオリティは、右に誰かをなかなか並ばせにくい偉大な存在。ミックさんのセットリストもモーツアルトの後にだよ。

アナログを買おう!
これはのどから手が...

サウンドハウス
日本全国どこへでも、1,000円以上<税込>のご注文で「送料無料」

Sponsored Links