Feist

カナダの国旗
ジョニミッチェルの再来

カナダのシンガーソングライター。フォーキーでいて尚且つelectronicの要素も併せ持つハイブリッドなスタイル。ソングライティングのスタイルからそのポジションはシェリル・クロウや最近ではホールジーあたりかと思う。またカナダのブロークン・ソーシャル・シーンのメンバーでもある。


🔹【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り! 
🔹  おすすめ⊳サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧です


2022.11.現在/as of 2022.11.

01.20.1557.

★★★
Now At Last 2004

メロウなジャズナンバーのような、すばらしい作品。彼女にはいったいどんな背景があるのだろうか?興味は尽きない。


02.20.1558.

★☆☆
I Feel It All 2007

タイトなビートに合わせてシンプルなメロディが自由に曲を形どる。


03.20.1559.

★☆☆
The Park 2007

鳥の声にローファイなアコギ、ヴォーカルもローファイ。タイトルがThe Parkなだけに山荘のテラスで歌ってるイメージだろうか。臨場感たっぷり。センスだ。


04.20.1560.

★☆☆
Seailon 2007

ハンドクラップがビートの核。2分当たりからギターが入って、ビートアップ。カッコいいアレンジだ。


05.20.1561.

★☆☆
The Limit To Your Love 2007

カーリー・サイモン、キャロルキングを思わせる展開を持つミディアムナンバー。


06.20.1562.

★☆☆
1234 2007

ポップなミディアム・ナンバー、これなんかはポール・マッカートニー風。ブラスのアレンジなんかもビートルズぽいし。


07.20.1563.

★☆☆
Fightin' Away The Tears - Mocky 2007
feat.Mocky

同じカナダのシンガーソングライターとのデュエット。Aメロの歌い出しのメロディなんてスタンダードを思わせる。


アナログを買おう!

The Reminder 2007 [12 inch Analog] インポート

エイミー・ワインハウスが席巻した2008年の第50回グラミー賞で「最優秀新人賞」「最優秀女性ポップ・ヴォーカル」「最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム」「最優秀短編ミュージックビデオ」の4部門でノミネート

08.20.1564.

★☆☆
The Bad In Eack Other 2011

重めのリズムのループとギターで展開して、サビの最高にいい感じのコード進行、スケール感のあるナンバー、最初からのリズムが後半もイキイキとしている。そしてさらに激しくなって終るなんて最高です。


09.20.1565.

★☆☆
Cenyury  2017
feat.Jervis Cooker

パンクっぽいナンバー、Jervis Cookerも彼女に目を付けた。どこで出てくるんだろうと思っていたら5分当たりからポエトリーで参加だった。ラストの「Cenyury!」のあたりはロックだね~


10.20.1566.

★☆☆
Baby Be Simple 2017

ボブディラン風にもやってのける。サビはしっかりと歌い上げて、それはジュエルのよう。心地いいアコギ弾き語り。最後はベースとシンセが入ってプチ・パープルレイン。

アナログを買おう!
PLEASURE 2017 [12 inch Analog] インポート


🔹東京を表す新ドメイン「.tokyo」
🔹
おすすめ⊳サウンドハウスのアウトレット商品一覧

Sponsored Links