Andrew Gold

アメリカの国旗
This Is 70's American pop&rock

LA発で世界を席巻したウエストコースト・ロックの中心的存在だった。また、矢沢永吉の作品にも1984年あたりから10年ほどproducerとして、またプレイヤーとしても参加していたことも興味深い。隅々まで計算された素晴らしいバランス感覚と美しいメロディの表現方法が印象的。<1951-2011>


🔹【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り! 
🔹  おすすめ⊳サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧です


2022.09.現在/as of 2022.09.


01.20.2082.

★☆☆
Ten Years Behind Me 1975
切なくて、夕日、海...と連想するうっとりするバラードナンバー、想いを込めるようにピアノのタッチも力強く、ストリングスとのコンビネーションがいい。


02.20.2083.

★☆☆
Learning the Game 1976
アコギにピアノにマンドリン、必殺のコンビネーションだ。優しく降りていくメロディが美しい。

03.20.2084.

★☆☆
Lonely Boy 1976
おそらくこのピアノのリフが出来てメロディを当てはめたのだろう。キャッチーで楽しいリズムが小気味よい。

アナログを買おう!
What's Wrong With This Picture [LP] / Andrew Gold

04.20.2085.

★☆☆
You're Free 1978
いきなりコード展開の頭に戻らずはじまるところは、使いまわしのお気に入りコード進行でもバリエーションになる。サビが良くてギターのオブリガードも計算されてキャッチー。中盤のブリッジはマイケルマクドナルドがやりそうな展開、そしてギターソロはエルトン・ジョンのバンドみたいで完成度が高い。

05.20.2086.

★☆☆
The In Croed 1980
このナンバーはAndrew Goldの作品じゃないが、個性豊かなのでピック。ギターのリフは若干ストーンズ風、といういかジョー・ウォルシュ風。ピアノの絡みはブルース・ホーンスビー、中盤以降はグルーヴィーでいい。





06.20.2087.

★☆☆
Forever I Do 2009
真夏の夕方に聴きたいナンバーかな、ロマンチックな音の流れがある。

07.20.2088.

★☆☆
Hypothetically 2009
やはりこのナンバーあたりよく聴くと、カントリーソングが基盤になっているが、ひと捻り、ふた捻りしてる。イーグルスなんかもそうだが、ポップセンスがいいアクセントになる。


音楽の本を買おう!
AOR、西海岸サウンド黄金時代を支えたミュージシャンたち

08.20.2089.

★☆☆
First Time In Love 2009
思わずトム・ペティを思い浮かべた、見事なサビの展開、定番と言えばそうだが無駄がない。最後まで素晴らしい。Like It

09.20.2090.

★☆☆
The Secret 2009
このナンバーもミディアムでトム・ペティの得意とする展開。ほぼ同年のアンドリューに多大な影響を与えていたのかもしれない。


10.20.2091.

★☆☆
Something New - Band Ver. 2020
これなんかイーグルスが演奏してるって言ってもいいくらい。ゴキゲンなナンバーだ。


11.20.2092.

★☆☆
Thank You for Being a Friend 2020
女性ヴォーカルをフューチャーしたナンバー。2021.9.8現在↑のテイクは聴くことができません。別テイクを↓





🔹東京を表す新ドメイン「.tokyo」
🔹
おすすめ⊳サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧です

Sponsored Links