Ranking

🔹タイム / TIME
1923年3月3日にニューヨークで創刊された。世界初のニュース雑誌と言われている。

01.

Taylor Swift
folklore 
❶❷⓮⓯⓰
英MOJO誌31位/米ローリングストーン誌1位
恋愛が成就していると、こんなにも穏やかでやさしい歌が並ぶんですね。力を抜いて歌うと本当にキュートな声。ポップな彼女もいいけれど私はこの作品が好き。特に❶。

アナログを買おう!
folklore [1. the “in the trees" edition deluxe vinyl] [12 inch Analog] / Taylor Swift

02.

Chloe x Halle
Ungodly Hour
❽
米ローリングストーン誌19位/米ラジオ局NPR23位
圧倒的なハーモニーはなんとなく宇宙の音のように思える。末恐ろしいDuoだ。

03.

Fiona Apple
Fetch the Bolt Cutters
❺❾
英ラフトレード64位/英Uncut誌22位/英MOJO誌 2位/
もうしっかりフィオナ・ワールドを作り上げましたね。各メディア評価高いです。

04.

The Chicks
Gaslighter
❶❸
カントリーのツボを押さえた、極上ナンバーが並ぶ。

05.

Lil Uzi Vert
Eternal Atake
⓬⓰⓲
⓬はバックトラックの民族的なコーラスが印象的、ラップはテンポよくいいグルーヴです。⓰もやはりリズミカルなラップのタイミング、アクセントが心地いい。

06.following

Perfume Genius
Set My Heart on Fire Immediately 2020
米paste-magazine5位/米Stereogum15位/米ラジオ局NPR35位
Baroque popとも表現されるのは、独自の創作パターンがポップだけではなくバロック音楽からのアイデアもしっかりと取り込むクレバーさがあるが故。映画の音楽としても活躍しそうだ。

07.

Gabriel Garzón-Montano
Agüita 2020
❷❽
ジャイルス・ピーターソン、ドレイクらが注目。メロウなナンバーはとことんメロウ、動きのある音はシンプルにまとめてセンス抜群。ヴォーカルはメロディアスラップを取り混ぜ、リズムもおいしいところをしっかりと作ってる。❷について言えば、アコギとピアノはシンプルで、ドラムとベースは結構ダンサブルなビートを刻む、そのアンバランスさがクールで聴きどころ。*Added album 

08.

Gil Scott-Heron & Makaya McCraven
We're New Again - A Reimagining by Makaya McCraven
❺⓯⓲
ドラマーのマカヤ・マクレイヴンによるジル・スコット生前最後のスタジオ・アルバム『I’m New Here』の新解釈というコンセプト。❺なんて見事なアフロビートの渦でジル・スコットを取り巻いている。⓯はエフェクトサウンドのリフが4拍目のタメを強調して最高のグルーヴが生まれている。いいテイクだ。


Gil Scott-Heron / following
I'm New Here 2010
これ初めて聞いたとき、鬼気迫るジルのMe and the Devil にぶっ飛んだ。ジャケ写も最高にクール。プレゼントされるならこれがいい(笑)

アナログを買おう!
I'm New Here (10th Anniversary Expanded Edition) [輸入アナログ盤 / AB面ピンク・ヴァイナル・CD面グリーン・ヴァイナル / 2LP] (XL1005LP) [Analog] / Gil Scott-Heron

09.

Grimes
Miss Anthropocene
❺❼❿
ミス・アントロポセンと読む。全体的にヴォーカルはグライムスの特徴、宙をさまようような非現実的なサウンド。バックも一体となってうねるようなサウンドはまさに宇宙的。

10.

Tiwa Savage
Celia
❷❽
ナイジェリアの女優でありSSWでもあるティワ・サベージはさらりとホットだ。



🔹英国ロック・グッズの祭典「THE BRITISH ROCK」
🔹世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!
サウンドハウス
日本全国どこへでも、1,000円以上<税込>のご注文で「送料無料」

🔹要チェック⊳⊳サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧はこちら


Sponsored Links