Ranking

🔹ローリング・ストーン / Rolling Stone
1967年創刊の音楽や政治、大衆文化を扱うアメリカ合衆国の隔週発行の雑誌。圧倒的な知名度とクオリティ高い記事がいい。そのRS誌のスタッフたちが選ぶ2020年の年間ベストアルバム 。

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-7667035979292162"
data-ad-slot="2879432051">


01.

Taylor Swift,
Folklore
❶❷⓮⓯⓰
米TIME誌1位/英MOJO誌31位
恋愛が成就していると、こんなにも穏やかでやさしい歌が並ぶんですね。力を抜いて歌うと本当にキュートな声。ポップな彼女もいいけれど私はこの作品が好き。特に❶。

02.

Dua Lipa,
Future Nostalgia
❹❺
米ラジオ局NPR14位
トータルで聴いてレディ・ガガのアルバムのようにも思える。どこを切ってもいけそうなナンバーが並ぶほどのソングライター・チームが強力な上、デュア・リパの魅力。

03.

The Weeknd,
After Hours
❹❺
ローリングストーン誌32位
美しいメロディと、的を得たアレンジ。貪欲に吸収消化する才能には際立ったものがある。

04.

Bad Bunny,
YHLQMDLG
❶❹
米ラジオ局NPR7位
なんと2020年に3枚もアルバムをリリース。この作品はThis Is Reggaeton!というにふさわしい。

05.

Lady Gaga,
Chromatica
❹⓯

06.

Lil Baby,
My Turn

07.

Fiona Apple,
Fetch the Bolt Cutters
❺❾
英ラフトレード64位/英Uncut誌22位米TIME誌 3位/米paste-magazine1位/米Stereogum1位/
もうしっかりフィオナ・ワールドを作り上げましたね。各メディア評価高いです。

08.

The Chicks,
Gaslighter
❶❸
カントリーのツボを押さえた、極上ナンバーが並ぶ。

09.

Pop Smoke,
Meet the Woo 2

10.

Haim,
Women in Music Pt. III
❹❿
英MOJO誌39位/米Stereogum4位/米paste-magazine42位/米ラジオ局NPR11位



グラミー賞独占放送!



11.

Ariana Grande,
Positions
❸⓮
ヴォーカル処理の見事さ、生々しくも聴けるが奥行きもある。❸キャッチーなフックの小気味よいナンバー、アリアナと対極のドージャ・キャットの味わい深いダミ声◎⓮サビの美しいバラード、アリアナの声の美しさに改めて気づくビヨンセが歌いそうなゴージャ

12.

Megan Thee Stallion,
Good News
❿⓭
テキサスのラッパー,SSW❿ローファイなイントロからビートイン。単純に乗りやすいビートを採用したミディアムナンバー。⓭80’sのナンバーによく見られたアレンジ。サビの小気味よいフレーズが曲をハイにしてる。

13.

Chris Stapleton,
Starting Over
❶⓮
ローリングストーン誌
ケンタッキーのカントリー、王道。


15.

Phoebe Bridgers,
Punisher
❻
英ラフトレード 2位/英MOJO誌9位/英Uncut 3位/米paste-magazine14位/米Stereogum28位
ナチュラルで魅力的な歌声、サウンドは歌が引き立つようにしっかりと計算されたMIX、アレンジは持ち味のドリーミーなスロー&ミディアムが主流。

16.

Mac Miller,
Circles

17.

Chloe x Halle,
Ungodly Hour
❽
米TIME誌2位/米ラジオ局NPR23位
圧倒的なハーモニーはなんとなく宇宙の音のように思える。末恐ろしいDuoだ。

18.

Halsey,
Manic
⓬
ローリングストーン誌25位
⓬はリズムにメロディにアレンジ、素晴らしい仕上がりです。心音ビートも◎

19.

Machine Gun Kelly,
Tickets to My Downfall

20.

Rina Sawayama,
Sawayama
❷❹⓬
随所に東洋の神秘を、織り交ぜ魅せながら、レディ・ガガやケイティ・ペリーのラインに参戦。確かエルトン・ジョンも一番のお気に入りとどこかで読んだ。本人を含むソングライティング・チームが才能豊かだ。





21.

Grimes,
Miss Anthropocene
❺❼❿
Pitchfork24位
ミス・アントロポセンと読む。全体的にヴォーカルはグライムスの特徴、宙をさまようような非現実的なサウンド。バックも一体となってうねるようなサウンドはまさに宇宙的。

22.

Selena Gomez,
Rare
❹❿
傷心の時期に創り上げたアルバムは聴く側からすれば興味がそそるもの。❹はさすがにグッときた。


23.

Lil Uzi Vert,
Eternal Atake
⓬⓰⓲
米TIME誌5位/
⓬はバックトラックの民族的なコーラスが印象的、ラップはテンポよくいいグルーヴです。⓰もやはりリズミカルなラップのタイミング、アクセントが心地いい。

24.

J Balvin,
Colores
コロンビアのReggaeton,Latin-SSW。

25.

Blackpink,
The Album

26.

Perfume Genius,
Set My Heart on Fire Immediately
米paste-magazine5位/米Stereogum15位/米ラジオ局NPR35位/Pitchfork5位
Baroque popとも表現されるのは、独自の創作パターンがポップだけではなくバロック音楽からのアイデアもしっかりと取り込むクレバーさがあるが故。映画の音楽としても活躍しそうだ。

27.

Tame Impala,
The Slow Rush
❸❿
貪欲なサウンドメイクにセンスと冒険心を感じる。ロック、ポップ、R&B、EDMなど、それぞれの良さをしっかりとブレンドしている。進化系のバンドの一つ。

28.

Jessie Reyez,
Before Love Came to Kill Us

29.

The 1975 
Notes on a Conditional Form
❾⓲㉑㉒
米Stereogum17位
Wikiのジャンルのところを見てもらうとわかるが、マシュー・ヒーリーって人のバックボーンは恐ろしく広い。前作でもジャジーなナンバーもあったし、今作では映画のシーンに使われそうなオーケストレーション・ナンバーもある。聴けば聴くほど味が出るのは名作の証。

30.

Jason Isbell,
Reunions





31.

Beabadoobee,
Fake It Flowers
⓫
ローリングストーン誌39位
内に入っていくようなナンバーも透き通る感じでいいが、⓫のようにキュートな声で激しく歌うナンバーはグッとくる。

32.

Kehlani,
It Was Good Until It Wasn't

33.

BTS,
Map of the Soul: 7
⓭⓰

34.

Bruce Springsteen,
Letter to You
❷⓬
Aメロの入り方がグッとくる❷はタイトルトラック。

35.

Junior H,
Atrapado en un Sueno

36.

Teyana Taylor,
The Album

37.

Flo Milli,
Ho, why is you here?
米ラジオ局NPR13位/
TikTokなどのソーシャルメディアプラットフォームで話題になって火が付いた。❿はリズミカルなトラップナンバー。

38.

Anuel AA,
Emmanuel

39.

Sam Smith,
Love Goes

40.

Caribou,
Suddenly
❿
美しい旋律と、相反するパートが共存する作品が持ち味。ピッチをずらしたメロディもうまくまとめている。刺激的だ。



🔹BTS 防弾少年団 公式ポスター
🔹
世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!


41.

Hayley Williams,
Petals For Armor
❹
パラモアのヴォーカリスト&SW。このアルバムのMIXは非常に優れていると思う。

42.

Brandy,
B7
⓯
ティーンの頃にデヴューして今に至るが、その歌唱力はさらに磨きがかかって❺なんかはアレサを思うほど。⓯のピアノバラードは素敵。

43.

Sam Hunt,
Southside

44.

Kany Garcia,
Mesa Para Dos

45.

21 Savage and Metro Boomin,
Savage Mode II

46.

Lucinda Williams,
Good Souls Better Angels
英MOJO誌38位/ローリングストーン誌47位

47.

Conan Gray,
Kid Krow

48.

Alejandro Fernandez,
Hecho en Mexico

49.

Jay Electronica,
A Written Testimony

50.

DaBaby,
Blame It on Baby



サウンドハウス
日本全国どこへでも、1,000円以上<税込>のご注文で「送料無料」

🔹要チェック⊳⊳サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧はこちら

🔹世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!




 

Sponsored Links