favorit

素晴らしい25作品、じっくり研究しましょう。

The 25 Best Latin Songs of 2020: billboard Staff Picks / No ranking

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-7667035979292162"
data-ad-slot="2879432051">



01.
Carla Morrison, "Ansiedad"
メキシコのSSW、優しいサビのミディアムナンバー

02.
Karol G, "Bichota"
コロンビアのSSW、レゲトンアーチスト。リズミカルなサビがミディアムナンバーながらグルーヴィンだ。

03.

Mon Laferte, "Biutiful"
チリ出身メキシコ在住のアーチスト「モン・ラフェルテ」。独特のムードで展開するミディアムナンバー。後半の盛り上がりはグレイト。ラテングラミー賞のベストロックソング賞受賞作。*Added album 

04.

Nathy Peluso, "Buenos Aires" 
バルセロナを拠点とするアルゼンチンのSSW。AORのイメージの都会的なアレンジ、シティポップのニュアンスでもある。夜のドライブに◎

05.

Ecko & *Cazzu, "Cama Vacia"
アルゼンチンのトラップアーチスト「エコー」と*アルゼンチンのラッパー、SSW「カッズ」。今の時代の代表的なサウンド、そしてソングライティング。

06.
Ozuna feat. Karol G and Myke Towers, "Caramelo" (Remix)
プエルトリコのレゲトン・ラテントラップのスター「オズナ」にラッパー「マイク・タワーズ」、そしてコロンビアのSSW、レゲトンアーチスト「カロルG]のコラボリミックス。セクシーなビートとキャッチーなフックが印象的。夏にパーティーで◎

07.
Prince Royce feat. Myke Towers, "Carita de Inocente (Remix)"
アメリカ生まれのドミニカのSSW「プリンス・ロイス」とプエルトリコのラッパーSSW「マイク・タワーズ」のコラボリミックス。パーカッシブなリズムとギターがクールなナンバー。フックがこうバシッと決まるとあとは勢いで◎だ。

08.

Eslabon Armado "Con Tus Besos" 
あまり聴きなれないサウンドのスラップベースとギターカットが前面に出るナンバー。それが目立って仕方ない。凄い音数。

09.

Bad Bunny, Jhay Cortez "Dákiti" 
プエルトリコのラテントラップの牽引者「バッドバニー」、同じくプエルトリコのSSW「ジャイ・コルテッツ」の共演。ぱっと聴いてすぐわかるようにアレンジされたイントロ、王道のビートはあえて冒険なし。

10.
Christian Nodal &Ángela Aguilar, "Dime Como Quieres"
メキシコのSSW「クリスチャン・ノーダル」とメキシコ系アメリカ人「アンジェラ・アギラール」のデュエット。トラディショナルなメキシカン・ミュージック。


一日たった80円で3チャンネル グラミー賞独占放送!


11.

Rosalía, "Dolerme"

12.
Maluma, "Hawái"
コロンビアのレゲトン、ラテントラップのSSW,俳優。切ない感じのスローで始まって、リズムが入ってからは軽快なリズム、ライトなレゲトンのナンバー。

13.

Carlos Vives& Jessie Reyez, "Hechicera" 
コロンビアのSSW「カルロス・ヴィヴェス」とカナダのソウル、R&BSSW「ジェシー・レイエズ」のコラボチューン。ミディアムテンポのレゲトンナンバー。

14.

Gente de Zona &Becky G, "Muchacha"
キューバのレゲトンバンド「Gente de Zona」とカリフォルニアのSSW「ベッキーG」のコラボチューン。タイトでハイテンポのレゲトン。「ムチャチャ ムチャチャ」のキャッチーなフックが人気を呼ぶんだ。

15.

Banda MS, Snoop Dogg  "Qué Maldición"
メンバーが15人以上の「バンダMS」はメキシコのラテンバンド。スヌープの客演でさらにゴージャスに。バンダとは、メキシコ地方音楽のジャンルと、主に金管楽器と打楽器の管楽器が演奏される音楽アンサンブルを表す。

16.

Alejandro Fernández & Mon Laferte, "Que Se Sepa Nuestro Amor"
メキシコのシンガー、俳優「アレハンドロ・フェルナンデス」とメキシコ在住のチリアーチスト「モンセラット・ブスタマンテ」の伝統的なメキシコのスタイル、アコースティックギター、トランペット、バイオリン、さらにはアコーディオンが味わい深いデユエット・ナンバー。

17.

Sech, Rosalía,Balvin, Daddy Yankee & Farruko, "Relación" (Remix)
パナマのシンガー「セック」、スペインのフラメンコの歌姫「ロザリア」、土台を作るのはコロンビアのSSW「J・バルヴィン」さらにプエルトリコの「ダディ・ヤンキー」に「Farruko」とゴージャス。サウンドはさすがのクオリティ、ロザリア光ってる。ミディアムのレゲトンナンバー。

18./following.

Residente, "René" 
プエルトリコのラッパー、歌手、作家、映画製作者であり、プエルトリコのオルタナティブ・ラップグループCalle13の創設者の1人。全く独自の感覚がある。創作の才が相当高い気がする。バックトラックも考えられていて◎*Added album 、Calle13も*Added album ちょい聴いたけどCalle13すごくいい。

19.

Black Eyed Peas & J Balvin "Ritmo (Bad Boys For Life)" 
1995年のコロナのリズム・オブ・ザ・ナイトを全編にサンプリングしたレゲトンとHipHopのミクスチャー・ナンバー。

20.

J Balvin , "Rojo" 
バルヴィンのシングルクレジット・ナンバーはミディアムレゲトン。教科書になるバランス。

21.

Rauw Alejandro & Camilo, "Tattoo" (Remix) 
プエルトリコのラッパー、SSW「ラウー・アレハンドロ」とコロンビアのproducer、SSW「カミーロ」のコラボ・リミックス。クレジット見たらソングライター9人!スタンドバイミーの展開のレゲトンナンバー。

22.

Farruko, "La Tóxica"  
プエルトリコのSSW「ファルッコ」のレゲトンナンバー、中盤のインサートパートはホットな展開。

23.

Carin Leon, "Tú"
メキシコのシンガー「カーリン・リオン」のギターバックで歌うミディアム・ナンバー

24.

J Balvin, Dua Lipa, Bad Bunny & Tainy, "Un Dí­a (One Day)"
これまたオールスターキャスト。プエルトリコの三人に紅一点デュア・リパ。イントロがリパの見せ場、タメ気味のレゲトン。

25.

Bad Bunny "Yo Perreo Sola"
各メディアで抜群の評価のアルバム「YHLQMDLG」から、ソングライターに↑のTainyも名を連ねてる。たたみかけるようなラップがエネルギッシュ。
 



サウンドハウス
日本全国どこへでも、1,000円以上<税込>のご注文で「送料無料」

🔹要チェック⊳⊳サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧はこちら

🔹世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

Sponsored Links