MIG2019.10

01.0078.following

★★☆Family / Best is Yet To Come 2019
Judah & the Lion
フレーミングリップスの情熱を込めて静かに始まる。いきなりの展開でMCが入り盛り上がっていく。メッセージを乗せるならいい戦法だ。この展開はたまらない感じになっていく。ソングライティングに妙味あり。

02.0079.following


★☆☆Alright 2019
Judah & the Lion
キャッチーなサビのフックで始まる。テンポも◎

03.0080.

★☆☆Lost 2016
Owen
シカゴのマイク・キンセラのソロ・プロジェクト。アメリカン・フットボールの中核メンバー。アコギのストロークが好きなパターン。心地いい

04.0081.

★☆☆Borno on the FM Waves of the Heart 2014
Owen
アコギの心地よさとデュエットの自然な感じ。Owenにはひとつの空気感がある。後半のストリングスもオーソドックスで◎、心地よさも刺激だ。

05.0082.

★☆☆I Got High 2013
Owen
リバースディレイの効果を等間隔に用いたアコギストロークナンバー。2コーラスでドラムが入る。全編ストロークがやはり心地いい。

06.0083.

★☆☆I'm Not Going Anywhere Tonight 2002
Owen
↑の3曲より10年ほど若い時期のOwen.ギターもキラキラして目立つ、声も主張が強い。こうやって塾生していくんだアーチストは。

サウンドハウス
日本全国どこへでも、1,000円以上<税込>のご注文で「送料無料」

🔹要チェック⊳⊳サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧はこちら

🔹世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!


07.0084.

★☆☆The 'Wood 2015
Bad Cop,Bad Cop
ハリのあるヴォーカルと、ゴーゴーズのようなコーラス。ギターも若さ溢れる感じ。サビ頭カッコイイ。

08.0085.

★★☆Fall Asleep 2018
Big Joanie
キャッチーなメロディーと熱いビートがグルーヴする。最高にノレるキラーチューン。ソングライティングに妙味あり。

09.0086.

★☆☆Ge Me High 2018
teddy<3,Teddy Geiger
疾走感あるリズムがゴキゲン。ヴォーカルの裏に入るサウンドが捻られてる。

10.0087.

★☆☆Tommorrow Never Come 1980
Teddy Geiger
ヴォーカルの抜けのここいいこと。おいしいコード転換とさわやかなアレンジが◎

11.0088.

★★☆Disappear 2020
Tei Shi
アコギの絶妙のbpmでのカッティングに、舞い踊るようにダブルトラックで唄うヴォーカルは超キュート。

12.0089.following

★☆☆Hoy,Hoy,Hoy 2016
Lisadro Aristimuno
アルゼンチンのSSW、作風はジョージハリソンを思わせる。この人はよく聴いてる。ホーンアレンジも◎

13.0090.following

★★★Mirrored Heart 2020
Molly Tuttle
カリフォルニアのSSW「モリー・タトル」音数が少ないのがいい、この手の極上の曲をいつも探し求めてる。安酒でもいい大切な人と夜にまったりと聴きたいから。Like It

14.0091.

ENERGY 2020
Disclosure
ガイ・ローレンスとハワード・ローレンスの兄弟によって結成された、イングランドサリー出身のダンス・ミュージックデュオ。とにかくリズムのパワーと支配力にグイッと捕まる。あとは彼らの思うままだ。


🔹要チェック⊳⊳サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧はこちら
🔹世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!  




Sponsored Links