10song


01.0102.

★☆☆Dios 2014
Diego Frenkel
アルゼンチンのポップロックバンド「ディエゴ・フレンケル」、少々粗削りだが、やろうとすることはよくわかるし、その情熱的なパフォーマンスはプリンスレベルかもしれない。

02.0103.

★☆☆Espiritus Salvajes 2014
Diego Frenkel
後半に入るところのマイナーコードへの流れが美しい。かすかに香るツエッペリン。

03.0104.

★☆☆Celula 2012
Diego Frenkel
全編を貫いてる動物が走るような低いあたりのパーカッションサウンドが印象的。

04.0105.following

★☆☆Lightning In A Jar 2017
Molly Tuttle
ブルーグラスの世界ではベストギタリスト賞を受賞するほどの腕前らしい。私は彼女の歌声にノックアウトされました。確かにギターソロのフレーズも卒がなく見事なバランス。イーグルスに加入してもいいんじゃないかな?妄想だけど(笑)

05.0111.

★☆☆Pathfinder 2011
Touche Amore
LAのポストハードコアバンド「トゥーシェ・アモーレ」、1:06の短いナンバーだが、強烈にカッコいいロックだ。ここにそのポイントが見ることができないならロックスピリッツの欠如だ。


🔹要チェック⊳⊳サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧はこちら
🔹世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!  


06.0112.

★★☆Gold Hole 2018
shame
ロンドンのポストパンクバンド。イントロのグルーヴでノックアウト!オアシスの少し弾んだイメージ、ガンズをさらにグルーヴィーにした感じで展開する圧巻のロックナンバー。

07.0113.

★☆☆Teachers 2020
Soulwax
1992年結成のベルギーのロックバンド。バンドの中心メンバーであるディワーラ兄弟は、DJデュオ2manydjs(トゥー・メニー・ディージェイズ)としても活動。ダンサブルなビートにテクノフレーバーのヴォーカル。チョーキングギターのリフもテクノ的。

08.0114.

Red 2010
Sam Amidon
フォークシンガーの両親を持つアメリカのSSW「サム・アドミン」。ワンフレーズの繰り返しのアコースティックナンバー、途中からドローンサウンドが入り、ワンコードでややサイケな展開に、見失った感じがアドリブ心に火をつける。

09.0115.

★☆☆Dirty 2020
grandson
カナダ系アメリカ人のSSW、Twenty One Pilotsの影響が感じられるが、さらにポップさを強調した感じで日本ではウケそう。キャッチーなフックが随所に。

10.0116.

★★☆In Over My Head 2020
grandson
イントロにおギターのしょぼい音は、それで味がある。歪ませたギターパートとのコントラストがまた印象的で一番のフックのパターンだ。個々の部分だけでこのナンバーは勝ち。

サウンドハウス
日本全国どこへでも、1,000円以上<税込>のご注文で「送料無料」

🔹要チェック⊳⊳サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧はこちら
🔹世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!  









Sponsored Links