Daniel Lanois

🔷Daniel Lanois / ãƒ€ãƒ‹ã‚¨ãƒ«ãƒ»ãƒ©ãƒŽãƒ¯  ロックのイロハ見事に揃ってます。

カナダ・ケベック州出身の音楽家、音楽プロデューサー。ロックミュージックのイロハを知り尽くした才能あふれる存在。ブライアンイーノからの影響で展開するアンビエントな一面も魅力的だ。また、ライブセッションにこだわったバンド「ブラック・ダブ」も2009年から始動。


2021.12現在/as of 2021.12


01.21.0544.

★☆☆
Death of a Train 1993
Daniel Lanois
微かに聴こえる程度のストリングスにヴォーカルが乗る。遠き地平線をゆったりと進む感じ。リラックスだまったく。

02.21.0545.

★☆☆
Lotta Love to Give 1993
Daniel Lanois
この人の中にもトムペティが潜んでいる、というか彼のようにできるセンスが備わっているということ、へたにやるとダサダサになるから。ギターソロ熱いぞ。

03.21.0546.

★☆☆
Indian Red 1993
Daniel Lanois
インディアンをイメージしたリズムとチューバベース、焼ける太陽が似合うムードのナンバーだ。

04.21.0547.

★☆☆
Rocky World 1993
Daniel Lanois
アルバムのラストのナンバー、メロディの美しいミディアムスローバラード。

05.21.0548.

★☆☆
Sometimes  2003
Daniel Lanois
Aメロがサビと言えるが展開として刺激的。いい曲、ダニエルのリラックスしたひと時の表現だろう。



06.21.0549.

★☆☆
Sometimes 2021
Daniel Lanois
スチールギターとソリッドのナチュラルトーンのギターの絡みのイントロから、いいメロディのAメロへ、展開が期待される。ヴォーカルも自然でやさしい2003年作品曲のライブヴァージョン、どちらがお好き?


🔹世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう! 
🔹おすすめ⊳サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧です

07.21.0550.

Not Fighting Anymore 2021
Daniel Lanois
スチールギターが心地いいカントリータッチではあるが、随所にロックセンスが潜んでいる。

08.21.0551.

Power 2021
Daniel Lanois
重低音を意識したベースにまず耳が行く。コーラスパートからの展開、ファルセットのヴォーカルはトム・ヨークを思わせる。

09.21.0552.

Please Don't Try 2021
Daniel Lanois
ハモンドでゴスペルを思わせるドラムレスのソウルフルなナンバー、バッキングがタイトで斬新。コーラスは極上の心地よさ。



🔹東京を表す新ドメイン「.tokyo」
🔹
おすすめ⊳サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧です

Sponsored Links