10song

01.21.0747.following

★☆☆Talk No More 2019
Dan D'Lion
ロンドンのシンガーソングライター「ダン・ディリオン」スティービーワンダーを思わせるメロディラインとピアノが◎

02.21.0748.following

★☆☆Apple Juixe (f.Feder) 2021
Dan D'Lion×Feder
フランスのディープハウスDJ「フェダー」とコラボ。ヒップホップテイストでブレイクが印象的、MCハマーを思い出した。

03.21.0749.following

★★☆AMILLION21
Dan D'Lion
曲でクールな哀愁感を表現するのは難題だ。アレンジもシンプルでヴォーカルラインがいいのと、ここでも完全無音ブレイクがかっこいい。これゲット。斬新な音使いありますね。

04.21.0750.following

★☆☆When One Thing Leads To Another 2020
Dan D'Lion
テクノなバックトラックにR&Bのヴォーカルが乗る。アレンジもどんどん展開して飽きさせない。一貫性という観点からは?が残るが技としてはゲットしておきたい。後半のcomeな感じはかっこいい。

05.21.0751.

Figure It Out 2021
Blu Detiger
ニューヨークのベーシスト「ブルー・ディティガー」とにかくベースがヴォーカル以上に歌いまくる。ポールのベースよりもだ。リズムのタイトさとスネアポジションの分厚さが◎


🔹世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう! 
🔹おすすめ⊳サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧です

06.21.0752.

Staying at Home - Donae'o Remix 2020
Shakka×Donae'o
UKのシンガーソングライター「シャッカ」とロンドンのラッパー「ドナエオ」のコラボ。超キャッチーなエフェクトヴォイスのフックのリピートが一瞬にして主導権を掴む。弾んだ軽快なレゲトンリズムが◎

07.21.0753.

★☆☆Pretty Girl Lie 2020
Baby Queen
簡単にできそうな曲だが、このノリをゴキゲンにプレイするのはセンスがいる。リズムもスネアのタメ。コード進行もところどころ響きを変えている。ヒントがある。

08.21.0754.

★☆☆SUPERNORMAL 2021
everything everything
2007年結成のマンチェスターのロックバンド。パンキーなナンバーかなと思っていたら、想定外の展開、まるでA-HAのように、そしてまたスカパンクなニュアンスを出してくる。強引といえばそれまでだが、何かパワーに押されてしまった。*Added album 

09.21.0755.

All Together - 102 NPM Mix 2021
UNDERHER×eleonore×SIS<Information not found>
深いバスドラにウッドの打ち合わされる音がいい若干ダークないいビートを作っている。ヴォーカルラインもセンス◎ マッシブアタックのような世界観か?*Added album 

10.21.0756.

California (Bleeding Hearts Version) 2008
The Burns Unit
あらゆるジャンルの人が含まれる8人組のスコットランド-カナダ民謡のグループ。活動期は「2007〜 2012年」このバラードははローズとタンバリンと外の自然の音のみで1コーラス、2コーラスからギターが入って、雑音の自然な音はそのまま。ヴォーカルはこの人はどんな人なんだろう?と思わせる。引力がある。


🔹世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう! 
🔹おすすめ⊳サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧です

Sponsored Links