New Music taoji

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-7667035979292162"
data-ad-slot="2879432051">


直近にリリースされたアーチスト渾身のシングルから

今の音楽の大きな流れ1小節単位の新しい試み、私がソングライティングに妙味ありとセレクトした光り輝く新曲たちの週刊プレイリスト「New Music Saturday Taoji」。
⊳Taoji‥終末にオープンする私のBarの場所

New Music Saturday Taoji」というSpotify Playlistを同時に公開していますが、翌週には上書きしますので今のうちにチェックしてくださいね。

曲ごとのコメントとデータ&コメントは↓↓↓

このプレイリストは最新のものが表示されまます。
聴き逃すなこの最新28曲!
週刊New Music Saturday Taoji 2021.05.09



01.21.0925.

★☆☆I Ain't 2021
Dinosaur Jr.
アンリカのオルタナティヴ・ロックバンド。小気味よいギターロックナンバー。イントロからドラムインでワクワクする。これだ、欲しいのは。

02.21.0926.

★☆☆Break Free 2021
Nulbarich
2016年に結成された日本のバンド、シンガーソングライターのJQがリーダー。このナンバーはゴリラズをイメージした。アレンジもミックスもワールドレベル。

03.21.0927.

★☆☆LUCK 2021
Nulbarich
この曲かっこいい、イメージはザ・ウィークエンドだ。しっかりとインプット、完全にモノにしている。

04.21.0928.

★☆☆Kinshasa FC 2021
STR4TA
ジャイルズブルーイのプロジェクト「ストラータ」、日本でいえばタモリとたけしのコンビのレベル。あえて新しさよりも普遍的な作品を持ち出したところが彼ららしい。ただ私には少々退屈だった。

05.21.0929.

★☆☆Heat Above 2021
Greta Van Fleet
アルバム聴いたけど、数曲でツェッペリンそのものってのがある、ジミーも思わず苦笑いだろう。若さだな、けれど真似しようとしてなかなかできるものではなく技術と才は確かなもの。このナンバーはアルバムの一曲目、素晴らしい完成度のミディアムナンバー。

06.21.0930.

★☆☆赤裸々 2021
BREIMEN
日本のファンクバンド「ブレイメン」Greta Van Fleetの後に聴くと、なかなかどうしていい勝負。ファンクバンドと言うことだが、ファンクはギターが中心になることが多い故Greta Van Fleetと対比した。ちょうど今デヴィッドバーンのおかげでファンクアルバムを100枚ぐらい聴いているので。

07.21.0931.

★☆☆忘れたいね 2021
DURDN
韓国籍のシンガー・Bakuとプロデュースデュオ・tee teaによるプロジェクト「ダーダン」4つ打ちビートの見事なグルーヴ。


🔹東京を表す新ドメイン「.tokyo」 
🔹
おすすめ⊳サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧です

08.21.0932.

★☆☆Bora ! 2021
Mocky
カナダのマルチ奏者、SSW「モッキー」最初にグッと来たのはミックスのインパクト、いい音というよりも生々しさ。スネアサウンドが何回かに一回というパターンでクリアさを変えてる。*Added All album 

09.21.0933.

★☆☆Kenny 2021
Still Woozy
カリフォルニアのSSW。アコギのいい音にセンスあふれるソングライティング。ほかの作品に興味が。*Added EP 

10.21.0934.

★☆☆Zion 2021
鋭児
鋭児<Information not found>ビートを支配すると勝つ。うねる大蛇のようなベースとパーカッションが決定打。フックもタイトで◎

11.21.0935.

★★☆Fire 2021
鋭児
これが次世代のブルースだ、最高にカッコいい。

12.21.0936.

★☆☆悲しいAkon 2021
Vava
日本のビートメイカー、DJ、ヒップホップMC「ヴァヴァ」この耳に残るフックを1:31の間に何回連呼するのか?一度聴いたら忘れない。大ヒントがある。

13.21.0937.

★☆☆HeartBreak Sedative 2021
Bickle<Information not found>
クールなトラックにハンドクラップ、メロディアスなフックの連発、時折入るベースは底をしっかりと抑える。*Added All Songs<2曲>

14.21.0938.

★☆☆GO - SPENSR Remix 2021
SPENSR×gato
トラックメイクに加え、楽器演奏、作詞作曲、さらには映像制作までをこなすカズキ_ウツミによるソロプロジェクト「スペンサー」とエレクトロバンド「ガト」によるドラマチックで斬新なナンバー。彼らの感性に興味は沸々。*Added album 

本から刺激を!

15.21.0939.

★☆☆I DID IT 2021
DJ KHALED×Post Malone×Megan Thee Stallion×Lil Baby & Da Baby
レイラのテーマリフのバッキングのサンプリングだけで仕上げたナンバー、メンバー総出でこれはストリーミング回数狙い。キャッチーな一つのリフができたら勝ち、やはり創作は宇宙のように広がる。

16.21.0940.

★☆☆DISTANCE 2021
Moment Joon×Gotch
このピアノが◎、MCの歌詞がしっかりと聞き入ってしまう。素晴らしいパーソナルパワー。

17.21.0941.

★★☆Red Room 2021
Hiatus Kaiyote
2011年にオーストラリアで結成されたフューチャー・ソウル・ユニット「ハイエイタス・カイヨーテ」圧倒的なサウンドのクオリティとハスキーヴォーカルの魅力。*Added All album 

18.21.0942.

ALL ~1から9+0~ 2021
Go<Information not found>
歌詞がやはり耳にぐっと入ってくるのが魅力。スケール感のあるナンバー、ライブではたまらんでしょうね。

19.21.0943.

I'm Not Cool 2021
HyunA
韓国のダンスポップ歌手、ラッパー。アイドルグループ「4minute」元メンバー「キム・ヒョナ」。サウンドメイク、アレンジ、ソングライティング、ミックスとすべてワールドレベル。素晴らしいチームが存在する。*Added All Sonngs 

20.21.0944.

All Know So Far 2021
Pink
ペンシルバニアのポップ、ロック、R&BのSSW。アコギのアルペジオリフでスタート、ヴォーカルはナチュラルで力強い。サビからのリズムが心地よくダイナミック。2コーラスからビートチェンジ、これまた最高。

21.21.0945.

★☆☆Get Together 2021
David Guetta
ソングライターは7~8人が名を連ねる。誰が主なのかよくわからないがいい曲、いいアレンジ。EDMの基本。


🔹東京を表す新ドメイン「.tokyo」 
🔹
おすすめ⊳サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧です

22.21.0946.

★☆☆Fast (Motion) 2021
Saweetie
カリフォルニアのラッパー、シンガーソングライター「スウィーティー」2019の「My Type」はいろんなインスパイア・ソングを生んだ名曲、このナンバーも十八番のリズムとラップセンスが◎


23.21.0947.following

★★☆Astronomy 2021
Conan Gray
カリフォルニアのシンガーソングライター、インターネットセレブリティ「コナン・リー・グレイ」アコギのバックストローク、響きのいいコードだ。メロディは美しく、幻想的。ソングライティングに妙味あり。

24.21.0948.

★★☆Special Girl 2021
dodie
英国のシンガーソングライター、作家、YouTuber「ドディー」フラメンコのパルマをイメージするバックトラックのリズム。ミックスも素晴らしくヴォーカルはスピーカーのすぐそばにいる。時折の重低音の響きやアレンジもダンサブルな展開を見せてカッコいい。ソングライティングに妙味あり。*Added album 

25.21.0949.

★☆☆Gimme Your Love 2021
KUU×Alex Metric×Riton×Shungudzo
一分過ぎからのビートインでぐっと来た、キャッチーなフックも◎、ヴォーカルのShungudzoもアンニュイで魅力的。*Added All Shungudzo songs

26.21.0950.<Bartees Strange ffollowing>

★★☆Emergency Equipment & Exits - Bartees Strange Remix 2021
Ganser×Bartees Strange
イリノイ州シカゴ出身のオルタナティヴロックバンド「ガンサー」とUK⊳ワシントンD.C.で活動するSSWの「バーティーズ・ストレンジ」のコラボナンバー。短いリフのループからなるグルーヴ感あふれるアップナンバー。タイトなリズムが感覚をハイにしてくれる、後半は一転サイケなスローに切り返す。ソングライティングに妙味あり。

27.21.0951.

jorge 2021
Cat & Calamell<Information not found>
ボトムの深いサウンドのポップナンバー、ソングライティングはチームのようだ。曲というよりこのアレンジに興味を持った。ほかのナンバーも聴いてみたい。*Added album まだ数曲のみ。

28.21.0952.

Manhattan 2021
Stephan Moccio
カナダの作曲家、プロデューサー、ピアニスト、編曲家、指揮者。優しい音色、繊細な表現力、気持ちいい。


🔹東京を表す新ドメイン「.tokyo」 
🔹
おすすめ⊳サウンドハウスのアウトレット目玉商品一覧です

Sponsored Links